GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

世界経済セミナー

第87回世界経済セミナー (English)
「米国の大統領選挙と米国対外政策へのインパクト(アジアを中心に)」

10月16日(火曜日)、米国アメリカン大学国際関係学部教授、アジア研究所所長である趙 全勝氏をお迎えし、一般公開セミナーを下記の要領にて開催致しました。

日時 2012年10月16日(火曜日)14時00分~16時00分
講師 趙 全勝(Zhao Quan-Sheng)氏
(米国アメリカン大学国際関係学部教授、アジア研究所所長)
テーマ 「米国の大統領選挙と米国対外政策へのインパクト(アジアを中心に)」
参加費 無料
使用言語 英語(日本語逐次通訳付)
会場 (株)富士通総研 大会議室
東京都港区海岸1-16-1(ニューピア竹芝サウスタワー5階)

詳細

2012年11月に行われる米国の大統領選挙の結果はアジア政策に大きなインパクトを有し、日本も素早く積極的な対応が必要になると思われます。本セミナーでは、米大統領選挙の背景となる米国内外の政治、経済情勢、両候補の政策志向及び今後のアジア政策へのインパクトなどに関する最新情報や分析をご講演いただきました。

趙 全勝氏は、ハーバード大学研究員、米平和研究所上級研究員、東京大学客員研究員などを歴任、国連コンサルタントをも務められ、米国のアジア政策や日米中関係を長年研究しておられます。米国のアジア政治・経済政策に対する理解を深めるために有意義な情報提供となることを確信しております。