GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 各種イベント・セミナー>
  4. ポスト京都議定書とグリーン・ニューディール構想

国際会議

ポスト京都議定書とグリーン・ニューディール構想

- 日独米の「 緑のチャンス」 -

当シンポジウムは終了しました。
多くのお客様にご来場いただ き、誠にありがとうございました。

今年12月にコペンハーゲンの国 際会議で、気候変動対策を巡るポスト京都議定書の枠組みが決まります。この国際交渉の結果は、地球環境保全の行方 と世界経済回復の道筋の双方に大きな影響を及ぼすでしょう。既に、欧州では、ポスト京都議定書に向けた域内政策と 環境産業育成を進めています。米国や日本でも環境対策と経済対策の両立を図るグリーン・ニューディール政策が推進 されようとしています。成長産業として環境ビジネスの開発が期待されています。

日本、ドイツ、米国は、環境技 術の開発、制度設計、市場開発において、国際的なリーダーであるべき国々です。本会議では、ベルリン日独センター 、フリードリヒ・エーベルト財団、富士通総研の共催の下、国内外の有識者が一堂に会し、環境と経済が両立する新た な時代の構築に向けて、実効性のあるポスト京都議定書のあり方と、日独米3カ国のポテンシャルと国際協力を根幹と した諸方策に関する議論・検討を深めます。

開催概要

日時
2009年6月 10日(水曜日) 13時~17時15分 (受付開始12時30分)
会場 東京国際 フォーラム ホールD5
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号、代表電話:03-5221-9000
アクセス
使用言語 日本語、 英語 (同時通訳付)
入場料 無料

プログラム ダウ ンロード

13時
開会挨 拶
フリデリーケ・ボッセ(ベルリン日独センター事務総長)
スヴェン・サーラ(フリードリヒ・エーベルト財団東京事務所、日本代表)
安部忠彦(富士通総研取締役研究理事)
13時15分
基調講 演:ポスト京都議定書――新たなる目標、新たなるチャンス
小池百合子(自民党衆議院議員、元環境大臣)
マティアス・マフニク(ドイツ連邦環境・自然保護・原子炉安全省事務次官)
ロバート・オアー(元ボーイングジャパン社長、オバマ政権外交政策アドバイザー)
高橋康夫(環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室長)
14時15分
全体討 議
司会:竹内敬二(朝日新聞編集委員)
15時
休憩
15時15分
パネル :ポスト京都議定書およびグリーン・ニューディール構想

パネリ スト(アルファベット順)

  • 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
  • 生田孝史(富士通総研主任研究員)
  • マルティン・イェニッケ(ドイツ連邦環境財団理事)
  • パヴァン・スクデフ(生態系と生物多様性の経済学(TEBB)研究リーダー、国連環境計画(UNEP)「緑の経済」プ ロジェクトリーダー、ドイツ銀行経済学者)
  • ステーシー・D・ヴァンデビール(ニューハンプシャー大学)
16時30分
パネル ディスカッション(聴衆との質疑応答を含む)
司会:アンドリュー・デウィット(立教大学経済研究所長)
17時15分
閉会

お問い合わせ・お申し込み

当シンポジウムは終了しました。

フリードリヒ・エーベルト財団 東京事務所
(〒105-0022東京都港区海岸1-4-26 ゆうらいふセンター)

Tel:(03)5401-2831、Fax:(03)5401-2861

E-mail:tokyo@festokyo.com

共催・協力機関