GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

出版記念セミナー

「プラットフォームビジネス最前線」

富士通総研経済研究所と早稲田大学ビジネススクールでは、共同で書籍「プラットフォームビジネス最前線」を執筆し、2013年12月中旬に翔泳社から発行予定です。このたび、この書籍の発売を記念して、以下の要領でセミナーを開催します。

ネット上のファッション特化型ショッピングモールであるZOZOTOWN(運営企業:株式会社スタートトゥデイ)は、急成長を実現しました。10月31日に開始したバーコードスキャン機能などを備えた新アプリ「WEAR(ウェア)」はファッション業界に大きな波紋を呼んでいます。また、個人に仕事を発注するクラウドソーシングは特に2011年3月の東日本大震災以来注目を浴びていますが、その代表企業がランサーズです。

ZOZOTOWNは自社ブランド商品を販売しているわけではなく、ランサーズは自社でアウトソーシングを請け負っているわけではありません。それにもかかわらず、ZOZOTOWNのビジネスがここまで大きくなり、ランサーズの今後の成長が期待されているのは、両者がプラットフォームとして大成功しているからです。

プラットフォームビジネスとは、「他のプレイヤー(企業、消費者等)が提供する製品・サービス・情報と一緒になって、初めて価値を持つ製品・サービス」を提供するビジネスのことです。この性質をうまく活かすことで、プラットフォームビジネスの急速な成長が可能になります。

書籍「プラットフォームビジネス最前線」(翔泳社刊)は、プラットフォームビジネスの特徴を明らかにするとともに、日本における最新の状況を俯瞰することを目的として執筆されました。本セミナーでは、この書籍の監修者である根来龍之教授(早稲田大学ビジネススクール)による基調講演の後、事例講演として株式会社スタートトゥデイおよびランサーズ株式会社にお話を伺います。また、富士通総研経済研究所からプラットフォーム活用の戦略について解説いたします。

プラトフォームビジネスの運営や活用にご関心をお持ちの方は、お誘い合わせのうえお申し込みください。

本コンファレンスは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

開催概要

日時
2013年12月10日(火曜日) 14時30分~17時(開場:14時)
会場 早稲田大学 小野記念講堂(早稲田大学 27号館 小野梓記念館の地下2階)
住所:東京都新宿区西早稲田1-6-1[地図]
主催 早稲田大学IT戦略研究所
共催 株式会社富士通総研 経済研究所、株式会社翔泳社
参加費 無料
定員 200名(申し込み多数の場合、先着順で締め切らせていただく場合もありますので、ご了解ください。)

プログラム(敬称略)

プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

14時
開場
14時30分
基調講演「プラットフォームビジネスの成功戦略」
早稲田大学 ビジネススクールディレクター・教授/
IT戦略研究所所長 根来龍之
15時10分
事例講演(1)
株式会社スタートトゥデイ ホスピタリティ・マーケティング本部
本部長 清水俊明
15時50分
事例講演(2)
ランサーズ株式会社 代表取締役社長 秋好陽介
16時30分
講演「プラットフォーム活用の戦略」
株式会社富士通総研 経済研究所 上席主任研究員 浜屋敏
17時
閉会

お問い合わせ

【セミナーに関するお問い合わせ】
出版記念セミナー事務局
icon-telephone 電話: 03-5401-8392(ご利用時間:平日10時~17時)
E-mail:fri-keizaiken-ws@cs.jp.fujitsu.com