GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 各種イベント・セミナー>
  4. 第6回日本・インド有識者フォーラム

第六回日本・インド有識者フォーラム

インド地場企業との戦略的アライアンスから見るインドビジネス

12億人以上にも上る人口によって形成されるインド市場は、世界最大規模の消費市場であるだけではなく、急増する中間所得層は、新しい消費と経験に積極的であり、ますます市場を活発化させています。

インドは、地場企業が圧倒的に強い。Businessworld誌が発表した、2012年度の在インド企業ランキング(売上・資産ベース、金融機関を除く)をみると、外資系企業(外資50%強)は、6社のみであり、残りの94社(内、74社は民間企業)は地場企業となっています。

近年の国際化や市場開放に伴い、外資系企業の積極的な対インド投資が継続して確認できますが、地場企業は地盤と土地勘を武器に事業の多角化を進め、また外国企業との戦略的アライアンスによりビジネスを一層拡大させています。

そうした中、インド企業とのアライアンスは難しいという声が支配的ながらも、経営に独特の勘とスキルを要するインド・ビジネスを推進するにあたり、事業基盤が定まらない日本企業は地場企業との接点を模索しています。しかし、インドでは、外資系企業による提携解消のニュースも頻繁に報じられているのも事実です。

インド最大の財閥として100社以上の事業会社を経営、また数多くの外国企業との戦略的アライアンス構築に積極的なタタ財閥の持ち株会社であるタタ・サンズ社より財務担当役員をお迎えし、実践的な視点から企業間アライアンスのメリット、アライアンス事業運営の難しさについてディスカッションします。

第六回日本・インド有識者フォーラムは終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

開催概要

日時
2014年11月19日(水曜日) 14時から17時 (受付開始13時30分)
会場 株式会社富士通総研 大会議室
住所:東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー5階 [地図]
電話:03-5401-8401
主催 共催:
株式会社富士通総研(FRI)、
特定非営利活動法人 日印パートナーシップフォーラム(JIPF)
後援:
在日インド大使館、公益財団法人 日印協会、日印友好議員連盟、日本商工会議所、日印経済委員会
使用言語 日本語、英語 (日英同時通訳付)
参加費 無料
定員 150名 (注1)

注1)お申し込みが募集人数を超えた場合、お断りする場合がございます。

プログラム

開催プログラムダウンロード
講師紹介
プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。
14時~14時10分
オープニング
特定非営利活動法人
日印パートナーシップフォーラム 理事長
元在ギリシャ・ベトナム・日本 インド特命全権大使
アフターブ セット
14時10分~14時30分
開会挨拶
在日本インド特命全権大使
ディーパ ゴパラン ワドワ
基調講演
14時30分~15時10分
基調講演-1
「TATAグループが展望する未来と戦略的アライアンス」

タタ・サンズ社 取締役
イシャート フセイン
15時10分~15時50分
基調講演-2
「新興国への事業活動に求められる現地現物的アプローチ」

東海東京証券株式会社 取締役副会長
(元トヨタ自動車(株)専務取締役)
岡部 聰
パネルディスカッション 「インド地場企業との戦略的アライアンスから見るインドビジネス」
15時50分~16時50分
【パネリスト】

タタ・サンズ社
取締役
イシャート フセイン

東海東京証券株式会社
取締役副会長
岡部 聰

株式会社富士通総研
企画センター シニアコンサルタント
杉本 有司
【モデレーター】

元在日本インド特命全権大使
アフターブ セット
16時50分~17時
閉会挨拶
株式会社富士通総研 代表取締役社長 本庄 滋明

お問い合わせ

株式会社富士通総研 企画センター
icon-telephone 電話: 03-5401-8401 (担当:杉本)
E-mail:fri-japan-india@ml.jp.fujitsu.com

御問合せは極力E-mailにてお願い致します