GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 各種イベント・セミナー >
  4. 第三回日本・インド有識者フォーラム

インド社会形成におけるメディアとシビルソサエティの役割

インドの自由メディア産業は世界一の規模を誇る。現在、国内には20言語以上にまたがる1,000を超える全国・地方日刊紙が流通しているだけでなく、同じくらいの数の定期刊行誌も流通している。1990年代初めに政府がテレビメディアの自由化に着手してから、ニュース番組や討論番組が急増。今日では、英語・ヒンディー語で20番組ほどが存在し、また地域言語となるとその3倍ほどのチャンネルが存在する。

本フォーラムでは、英国植民地下の1930年代に見られる6紙の国民主義的な日刊紙の台頭、そして40年代以降から現在の巨大メディア形成までの歴史的背景を探る。特に、インドの独立運動やその後の国家形成においてインドメディアが果たした役割に着目し、また、独立後においては、メディア、民主主義制度と資本家台頭の相互関係を振り返り、2011年に国家を混乱に導いた反汚職運動や説明責任の欠如といった問題の本質を再考する。

第三回日本・インド有識者フォーラムは終了しました。多数のご来場ありがとうございました。

開催概要

日時
2012年3月22日(木曜日)
セミナー部 15時~17時30分 (受付開始14時30分)
ディナー部 18時~20時
会場株式会社富士通総研
住所:東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワー5階 [地図]
電話:03-5401-8391
主催主催:特定非営利活動法人 日印パートナーシップフォーラム(JIPF)
協賛:株式会社富士通総研
後援:在日インド大使館、公益財団法人 日印協会、日印友好議員連盟、日本商工会議所、日印経済委員会(JIBCC)
使用言語日本語、英語 (日英同時通訳付)
参加費セミナー部:無料
ディナー部注意1 会員注意2:3,000円、一般:5,000円
定員 注意3セミナー部:150名
ディナー部: 80名

注意1:ディナー参加費は、当日、会場にて徴収致します。
注意2:会員は、主催・協賛・後援機関の会員および関係者が該当します。
注意3:お申し込みが募集人数を超えた場合、お断りする場合がございます。

プログラム

開催プログラムダウンロード
講師紹介
プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナー部

15時~
15時15分
オープニング・リマークス

在日本インド大使館 代表者(現在調整中)
15時15分
~16時
基調講演1
「インド社会形成に対するメディアとシビルソサエティの役割」

ジャーナリスト
元インド首相情報顧問

プレム シャンカール ジャー
プレム シャンカール ジャー(ジャーナリスト、元インド首相情報顧問)
16時
~16時30分
基調講演2
「日印国交樹立60周年 ~60年の日印外交を振り返って~」

NPO法人日印パートナーシップフォーラム理事長
元駐ギリシャ・ベトナム・日本 インド特命全権大使

アフターブ セット
NPO法人日印パートナーシップフォーラム 理事長 アフターブ セット
16時30分
~17時15分
基調講演3
「日印経済・ビジネス関係における戦略的視点」

富士通総研 経済研究所 主席研究員

金 堅敏
17時15分
~17時30分
閉会挨拶
学校法人創価大学 客員教授
元在インド 日本国特命全権大使 榎 泰邦

ディナー部

18時~20時
ネットワーキング・ディナー(交流会)
会場:セミナー部と同じフロアになります。

お問い合わせ

NPO法人日印パートナーシップフォーラム
icon-telephone 電話: 03-3405-2236 (担当:小林)
ホームページ: http://www.jipf.org
E-mail:info@jipf.org

お問い合わせは極力E-mailにてお願い致します。