GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

日本・バングラデシュIT B2Bミーティング

行政経営セミナー

   

gyouseikeiei-seminar201909_480x300

富士通総研では、戦略性の高い総合計画策定から実効性のある施策評価・事務事業評価の見直し支援や評価結果を活用した事務事業の見直し、業務プロセス分析に基づく担い手最適化支援、総合窓口化とアウトソーシング検討などに取り組み、多くの自治体の皆様の行政経営のパートナーとして活動してまいりました。

このたび、富士通総研の実効性のある行政経営コンサルティング経験をもとに、Zoomビデオウェビナーを用いて「行政経営セミナー」を開催いたします。今回のセミナーでは、総合計画や行政評価、業務プロセス分析、AIやRPAを活用した業務改革などに関するコンサルティング事例をご紹介いたします。

自治体経営を取り巻く厳しい社会経済環境を乗り越えようと取り組みを進めておられる自治体職員の皆様に有益な情報を提供いたしますので、この機会にぜひご参加ください。

開催概要

日時 2020年12月21日(月曜日) 13時30分~16時30分(受付開始:13時00分)
開催形式 Zoomビデオウェビナー
参加対象 自治体職員の方
参加費 無料
定員 200名
申し込み期限 2020年12月14日(月曜日)
お断り 同業他社様からのお申込みはお断りしております。
録音、撮影はご遠慮お願いいたします。

プログラム(予定)

総合計画 社会経済環境の変化を見据えた新たな総合計画の位置づけと役割、新たな総合計画の策定方法について
行政評価 地方公共団体におけるPDCAサイクルの質の向上に資する行政評価の在り方について
※総務省の調査事業「地方公共団体への評価手法等の情報提供等の支援に関する調査研究」の受託事業者として、全国の行政評価の参考事例を踏まえた内容を予定しています。(参考:PDFhttp://www.soumu.go.jp/main_content/000536797.pdfOpen a new window
業務プロセス分析による業務改革 会計年度任用職員の導入を踏まえた適切な定員管理、アウトソーシングを含む担い手最適化について
自治体DX推進計画
AI・RPA等の導入による業務改革
自治体DX推進計画の位置付けと役割、策定方法等について
アナログ的な業務改善の有効性、AI・RPAの効果的な導入検討方法について

申し込み方法

本セミナーは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

講師一覧

佐々木 央

講師プロフィール

コンサルティング本部 行政経営グループ
グループ長

佐々木 央(ささき あきら)

 

1991年 株式会社日本能率協会総合研究所に入社。都市政策・地域政策に関するコンサルティングに従事。1999年 株式会社富士通総研に入社。公共事業部(現行政経営グループ)で、主に地方公共団体および中央官庁の行政評価・行政改革・総合計画策定等の行政経営改革、都市政策・地域政策に関するコンサルティングに従事。また、(財)全国市町村研修財団 市町村職員中央研修所(市町村アカデミー)における行政経営改革に関する研修講師など、市町村職員を対象とする研修講師も多数実施

wakao

講師プロフィール

コンサルティング本部 行政経営グループ
マネジングコンサルタント
(兼)公共政策研究センター長

若生 幸也(わかお たつや)

 

2006年金沢大学法学部卒業、2008年東北大学公共政策大学院修了、同年富士通総研入社。2011~2013年に北海道大学公共政策大学院専任講師(出向)、2013年富士通総研復職。兼務として東京大学先端科学技術研究センター客員研究員・北海道大学公共政策大学院研究員など。専門は地域政策・自治体経営・規制改革。地方自治体向けの職員研修講師、一般財団法人地域活性化センター人材養成塾講師、経団連規制改革推進部会、日本商工会議所規制・制度改革委員会等での講演も多数実施。

問い合せ先

株式会社 富士通総研 行政経営グループ  行政経営セミナー事務局 (担当:竹田、島、長谷川)
メール: fri-public-manage@dl.jp.fujitsu.com
icon-telephone 電 話: 03-6424-6752
住 所:〒144-8588 東京都大田区新蒲田1-17-25
富士通ソリューションスクエア

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。