GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FRI経済研ワークショップ

グリーン成長シリーズ 「水ビジネスを考える:日本の国際競争力と国内施策の課題」

富士通総研では、2013年9月24日(火曜日)、FRI経済研ワークショップ、グリーン成長シリーズ 「水ビジネスを考える:日本の国際競争力と国内施策の課題」 を開催いたしました。

世界的な人口増と経済活動の活発化に伴って、水資源の量と質の確保が国際的課題となっており、持続可能な発展の制約要因となるという懸念が強まっています。本年は「国際水協力年」であり、水問題解決に向けた国際的機運も高まっています。

これら水問題の解決に資する「水ビジネス」の市場拡大が予測されており、水ビジネスを巡る国際競争は激しくなっています。日本政府も成長戦略の一環として、公民連携による海外の水インフラ整備などのビジネス輸出推進が図られています。残念ながら、現状では、市場開拓は難航を極めており、国際競争力が培われる取り組みになっているかの検証も必要ではないでしょうか。

一方、国内でも、水災害の頻繁化、地下水の水位低下や汚染問題など、水インフラ設備の老朽化など、様々な水問題が顕在化しており、日本の水ビジネスの国際競争力につなげていくという視点を合わせ持ちながら、これらの課題解決を図るためのビジネスモデル構築、必要な政策支援のあり方を検討する包括的なアプローチが求められています。次期国会で再提出が予定されている水循環基本法も、水ビジネスの競争力強化という観点から評価が試みられるべきでしょう。

本ワークショップでは、水ビジネスに精通された有識者・事業者の方々を招き、日本の「水ビジネス」の競争力を強化するための今後の課題や可能性を総括します。

本ワークショップは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

当日の資料は、このページの最後よりダウンロードできます。

開催概要

日時
2013年9月24日(火曜日) 15時~17時30分 (受付開始:14時30分)
会場 株式会社富士通総研 5階 大会議室
住所:東京都港区海岸1丁目16番1号 [地図]
主催 株式会社富士通総研
定員 80名 (定員に達した場合、受付をお断りする場合があります)
参加費 無料

プログラム

講師紹介
プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。
問題提起
15時~15時15分

富士通総研 経済研究所 上席主任研究員
生田 孝史
パネルディスカッション
15時15分~17時15分
【パネリスト】
アクアスフィア 代表 橋本淳司氏

水ジャーナリスト・アクアコミュニケーター・アクアスフィア代表
橋本 淳司
清水建設株式会社 第二土木営業本部 兼 新事業推進室 副本部長 児島 彰氏

清水建設株式会社
第二土木営業本部 兼 新事業推進室 副本部長
児島 彰
メタウォーター プラントエンジニアリング事業本部 担当部長 高見澤真司氏

メタウォーター株式会社
プラントエンジニアリング事業本部 担当部長
高見澤 真司
【モデレーター】

富士通総研 経済研究所 上席主任研究員
生田 孝史
17時15分~17時30分
名刺交換会

パネリストとの意見交換の場を設けます。

当日の資料

お問い合わせ

【ワークショップに関するお問い合わせ】
FRI経済研ワークショップ事務局
icon-telephone 電話: 03-5401-8392(ご利用時間:平日10時~17時30分)
E-mail: fri-keizaiken-ws@cs.jp.fujitsu.com