GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. イノベーションにおける「場」の本質

イノベーションにおける「場」の本質

開催のご案内

富士通総研では、2016年11月9日(水曜日)、経団連会館において、特別企画コンファレンス「イノベーションにおける『場』の本質」を開催いたしました。

現在企業は、健康・医療、環境・エネルギー、街づくりなど多くの分野で、オープンイノベーションやソーシャルイノベーションに取り組んでいます。そして、他社や大学、行政、NPO・NGO、住民など、多種多様な組織や人と一緒に活動する機会も増えています。

これは、社会目的の達成に向け、様々な参加者が対話により、各々の立場を認め共感や信頼を醸成しながら作り上げていく活動です。そのため、時間や手間がかかり、企業にとって難しい活動になります。活動の立上げに苦労し、議論だけで終わった経験を持つ企業も多いのではないでしょうか。しかも対話や共創の場のセットだけでは、イノベーションにつなげられません。

ここで鍵となるのがイノベーション「場」の本質です。みなが集まり対話を始め、アイデアを生み出し、試行錯誤してビジネスモデルに育み、実際の現場で実践していきます。企業には、このように様々な組織や人との共創活動を持続的に進める能力が求められます。今後、自社の製品やサービスの価値を生活や社会の現場から作り上げる必要性が増すので、この能力は決して社会目的に限定されるものではありません。

当コンファレンスでは、イノベーションの専門家、企業や地域の現場から共創に関わっている専門家が登壇し、そして、様々な関係者が参加して社会的・事業的価値を生み出すためのイノベーションの「場」の本質について考えました。具体的には、(1)イノベーションの「場」とはどのようなものか、(2)社外との対話の「場」を実現するための企業の行動や意識、(3)組織的な活動にするための社内のコミュニケーションや共創などを取り上げました。

富士通総研 取締役執行役員常務 経済研究所長
徳丸 嘉彦

お申し込み

本コンファレンスは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

開催概要

日時 2016年11月9日(水曜日) 13時30分~17時 (受付開始:13時)
会場 経団連会館 2階 国際会議場
住所:東京都千代田区大手町1-3-2 [地図] 電話:03-6741-0222(直通)
主催 主催:株式会社富士通総研、協賛:富士通株式会社
使用言語 日本語
定員 300名 (定員に達した場合、受付をお断りする場合があります)
参加費 無料

プログラム

開催プログラムダウンロード
講師紹介
プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。
(敬称略)
13時30分~13時35分 開会挨拶
富士通総研 代表取締役社長 本庄 滋明
基調講演
13時35分~14時25分
紺野登氏
基調講演
「個」が中心に動くネットワーク型社会経済

多摩大学大学院 教授
紺野 登
研究報告
14時25分~14時50分
富士通総研 経済研究所 主任研究員 西尾 好司
研究報告
日本における
マルチステークホルダー参加型共創の普及に向けて
:リビングラボの取り組みから


富士通総研 経済研究所 上席主任研究員
西尾 好司
14時50分~15時5分 休 憩
パネルディスカッション
多様な人・組織との共創に向けて
15時5分~16時55分
【パネリスト】
岩崎嘉夫氏 (株式会社前川総合研究所 主任研究員)

株式会社前川総合研究所 主任研究員
岩崎 嘉夫
齋藤敦子氏 (コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB. 主幹研究員)

コクヨ株式会社 WORKSIGHT LAB. 主幹研究員
齋藤 敦子
南伸太郎氏 (公益財団法人九州経済調査会 調査研究部 主任研究員)

公益財団法人 九州経済調査協会
調査研究部 主任研究員
南 伸太郎
【コメンテーター】
紺野登氏

多摩大学大学院 教授
紺野 登
【モデレーター】
富士通総研 経済研究所 主任研究員 西尾 好司

富士通総研 経済研究所 上席主任研究員
西尾 好司
16時55分~17時
閉会挨拶
富士通総研 取締役執行役員常務 経済研究所長 徳丸 嘉彦