GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. 新たな日中関係の構築 ― 同床異夢ではなく呉越同舟の関係を ―

新たな日中関係の構築

― 同床異夢ではなく呉越同舟の関係を ―

富士通総研では、2013年4月8日(月曜日)、経団連会館において、特別企画コンファレンス『新たな日中関係の構築 ― 同床異夢ではなく呉越同舟の関係を ―』を開催いたします。

世界は新たな時代に入っている。金融危機と債務危機により欧米諸国の経済は凋落しはじめている。北アフリカと中東では、独裁政権が倒れたが、ほんとうの意味の春を迎えておらず、政治的権威の不在はさらなる混乱をもたらしている。そのなかで、東アジアの国際情勢も緊張が高まり不穏になっている。その渦の中心は日中の対立である。表面的に日中は尖閣諸島の領有権を巡り対立しているが、本質的には、経済成長に伴う中国の対外的拡張とそれとぶつかる日本の権益との対立である。日中の対立は文明の衝突というよりも、それぞれの国益を巡る対立である。このままでは、第一期安倍内閣のときに提起された中国との「戦略的互恵関係」は実現できず、「ロス・ロス」という喧嘩両成敗の結末になる可能性が高い。今回の特別企画コンファレンスでは、中国の習近平新指導部の誕生を受け、日中関係の改善に意欲的な安倍政権の取り組みを念頭に、日米中の専門家による率直な問題提起と討論を通じて新たな日中関係の方向性を示唆したい。

 

本コンファレンスは終了しました。多数のご来場、誠にありがとうございました。

開催概要

日時
2013年4月8日(月曜日) 13時~17時30分 (受付開始:12時30分)
会場 経団連会館 2階 国際会議場
住所:東京都千代田区大手町1-3-2 [地図] 電話:03-6741-0222(直通)
主催 株式会社富士通総研、 協賛: 富士通株式会社
使用言語 日本語、中国語 (同時通訳付)
定員 450名 (定員に達した場合、受付をお断りする場合があります)
参加費 無料

プログラム

プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13時~13時10分
開会挨拶
富士通総研 代表取締役社長 本庄 滋明
13時10分~13時30分
来賓挨拶
前 駐中国大使 丹羽 宇一郎
基調講演
13時30分~14時
基調講演-1
「日本の新たなチャレンジ―中国とどう向き合うか―」

防衛大学校 校長 国分 良成
14時~14時30分 基調講演-2
「これからの中国社会、政治と経済」

北京天則経済研究所 理事長 茅 于軾 (ぼう うしょく)
14時30分~14時50分
休 憩
問題提起
14時50分~15時35分
公益財団法人 東京財団 上席研究員 渡部 恒雄
津上工作室 代表 津上 俊哉
富士通総研 経済研究所 主席研究員 柯 隆
パネルディスカッション 「新たな日中関係のあり方」
15時35分~17時
【モデレーター】
日本経済新聞社 編集委員 後藤 康浩
【パネリスト】
北京天則経済研究所 理事長 茅 于軾
津上工作室 代表 津上 俊哉
公益財団法人 東京財団 上席研究員 渡部 恒雄
富士通総研 経済研究所 主席研究員 柯 隆
17時~17時15分
総括
富士通株式会社 執行役常務
中国・グローバルビジネス支援部門長 森 隆士
17時15分~17時30分
閉会挨拶
富士通総研 経済研究所 理事長 野中 郁次郎