GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

アンケート結果報告

特別企画コンファレンス「TPP/FTA時代の企業戦略」のアンケート結果を以下にご報告します。
(回答:153件)

パネルディスカッション全体を通じての評価

パネルディスカッションの評価

【図表1】パネルディスカッションの評価

主なコメント(印象に残った点など)抜粋

  • 国家の戦略や決断はともあれ、企業としての戦略をしっかり描く必要があると感じた。そのためにダイバーシティ、社員教育が重要であると感じたい。
  • TPP/FTA/EPA等の展開のポイントは企業に問題あるわけではなく、官僚機構の内部問題が大きいことがよく理解できた。
  • TPPの交渉分野が多く、個々に問題点をもっと整理し、オープンな議論が必要ではと感じ、その上で、日本としての考え方を持つべきと強く感じました。

コンファレンスの企画・運営全般についての評価

コンファレンス企画・運営全般の評価

【図表2】コンファレンス企画・運営全般の評価

主なコメント(お気づきの点、ご意見・ご感想など)抜粋

  • 論点の異なるスピーカーの話が聞けたこと。
  • TPP/EPA/FTAを利用してどのような新しい企業戦略を作り、行動していくのかが次なるテーマだろうと思う。こうした点の示唆に富む発言があったが、このあたりにもう少し議論があっても良かった。
    出来れば行政側のコメンテーターがいるともっと良いディスカッションになったと思います。
  • 同じテーマに対して、各国からの見方、意図が理解でき、有益であり、興味深かった。
    やはり、日本から独、独と日本は遠い国と思った。

今後取り上げて欲しいテーマ抜粋

  • スマートシティの現状と今後、グローバルな観点で
  • コーポレートガバナンス、グループ経営
  • 国際会計基準の日本での適用
  • 日本が活気を取り戻し成長路線を走るためにはどんな手を打つべきか?