GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. 新興市場開拓のイノベーション戦略 講師紹介

新興市場開拓のイノベーション戦略 【講師紹介】

基調講演

講師、パネリスト
GE グローバル・リサーチ 日本代表
GE コーポレート 専務執行役員 技術担当(日本)
Juliana C. Shei (ジュリアナ・シェイ)
GE グローバル・リサーチ 日本代表、GE コーポレート 専務執行役員 技術担当(日本) ジュリアナ・シェイ
1971年 台湾国立成功大学(Cheng Kung University)卒業。
1975年 マサチューセッツ州立大学にて修士号取得。
1987年 レンセラー工科大学にてMBA取得。
・米国エネルギー省エイムズ研究所、U.S.スチール研究所、およびスターリングウィンスロップ・研究所(イーストマン・コダックの医薬部門)を歴任
1991年 米国ニューヨーク州ニスカユナのGEグローバル・リサーチ・センターのグローバル技術部長としてGEに入社。グローバル・テクノロジー・アクイジション・プログラムを統括し、GE におけるオープンイノベーションを推進。
・以来、長期にわたり、世界中の様々な組織との共同研究を成立させる中で、2000年、中国上海にリサーチ・センター設立のプロジェクト・リーダーを担当。
・GEでは、日本における技術協業を戦略の一つとして位置付けており、2004年 GE と日本企業、大学、研究所とのパートナーシップ促進に向けた取り組み、ジャパン・テクノロジー・イニシアチブ(JTI)を開始。
・日本とGE との橋渡し役として、相互にシナジー効果を発揮するコラボレーションの実現に注力。
2008年 GEのテクノロジーの中核を担うGEグローバル・リサーチ日本代表に就任し、環境・ヘルスケア分野などを中心に日本とのコラボレーションを推進。
2009年 GEジャパン株式会社 専務執行役技術担当を兼任。
講師、パネリスト
パナソニック株式会社 経営企画グループ
グローバル調査研究チーム チームリーダー
藤田 英樹 (ふじた ひでき)
パナソニック株式会社 経営企画グループ グローバル調査研究チーム チームリーダー 藤田 英樹
1981年 東京大学卒業、松下電器産業株式会社入社。
1982年~1983年 米国MIT
1983年~1984年 アメリカ松下電器にて研修
1984年~1988年 松下電器・システム営業本部勤務
1992年~1994年 松下電器・米州本部企画課課長
1994年~2001年 アメリカ松下電器にて企画部門次長など歴任
2001年~2002年 パナソニックAVC社・ITプロダクツBU・企画部
2002年~現在 パナソニック株式会社 経営企画グループ。
・現在、アジア・BRICsを始めグローバル市場及びエレクトロニクス業界の動向と展望調査、マクロ経済・社会構造トレンド、企業動向などの調査、中長期経営戦略策定に関する基本調査に取り組んでいる。

研究報告

講師、パネリスト
株式会社富士通総研 経済研究所 上席主任研究員
Martin Schulz (マルティン シュルツ)
・ベルリン自由大で1989年に政治学修士、1990年に経済学修士を取得。
・1996年に同大学で博士号(経済学)を取得し、1998年まで同大の政治経済研究所助教授。
・1996年以降、英国バース大学、イタリアのバリ大学、ポーランドのシュテティン大学、ベルリン社会科学学術センターにて勤務。
1991年~1993年 東京大学社会科学研究所研究員。
1997年 立教大学経済学部奨励研究員。
1998年~2000年 東京大学社会科学研究所研究員および同大学経済学部研究員。
・一方、1998年~1999年には日本銀行金融研究所に滞在。
2000年7月 富士通総研経済研究所主任研究員。
・専門は国際経済、企業戦略、対外投資など。
講師、パネリスト
株式会社富士通総研 経済研究所 主席研究員
金 堅敏(ジン ジャンミン)
1985年7月 中国浙江大学工学部大学院修了。
1997年 横浜国立大学国際開発研究科修了。専門 中国経済、企業戦略論。
1998年1月 富士通総研入社。

・主な著作として、『自由貿易と環境保護』、『図解でわかる中国有力企業と主要業界』(日本実業出版社)、『中国世紀日本の戦略米中緊密化の狭間で』、『華人エコノミストの見た中国の実力』(共著)、日本経済新聞「中国のミドル市場開拓戦略」(「経済教室」)、論文に「「政熱経冷」の日印関係」、「ベトナムをいかに活用すべきか」、ほか。

パネルディスカッション

パネリスト
日本精工株式会社 特別顧問(元副社長)
町田 尚(まちだ ひさし)
日本精工株式会社 特別顧問(元副社長) 町田 尚
1973年 東北大学工学部精密工学科卒業、同年日本精工株式会社に入社
1978年 東京大学生産技術研究所派遣 CVTの研究開発を開始
1992年 横浜国立大学よりハーフトロイダルCVTに関する研究で博士(工学)
1999年 ハーフトロイダルCVTの製品化に成功
2007年 取締役 代表執行役副社長(6月)
2009年 特別顧問(現職)
NSKインスティテュート・オブ・テクノロジー 理事長
東京大学生産技術研究所顧問研究員(2011年4月)

【受賞など】
1990年 FISITA論文賞受賞
1993年 日本機械学会論文賞受賞
2000年 自動車技術会技術開発賞受賞
2000年 NHKスペシャル「世紀を超えて」で紹介される
2001年 日本経済新聞社優秀製品 最優秀賞を受賞(日産・出光・NSKの共同受賞)
2001年 日本機械学会賞受賞
2005年 経済産業省 第1回ものづくり日本大賞 優秀賞受賞
モデレーター
株式会社富士通総研 経済研究所 エグゼクティブ・フェロー
根津 利三郎 (ねづ りさぶろう)
富士通総研 専務取締役 根津 利三郎
1970年 東京大学経済学部卒業、通商産業省(現経済産業省)入省。
1975年 ハーバードビジネススクール卒業(MBA)。
・通商産業省 国際企業課長などを歴任
1995年 経済協力開発機構(OECD)科学技術産業局長。
2001年 富士通総研入社。2010年6月より現職。
・主に日本、世界経済の構造分析を行っており、OECD鉄鋼委員会 議長を務める。
・著書:「IT戦国時代」(中央公論新社 2002年)、「雇用改革」(共著・東洋経済新報社 2007年)