GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. 金融危機に立ち向かう中国経済の行方

金融危機に立ち向かう中国経済の行方

~ 日本企業にとってのチャンスとチャレンジ ~

当コンファレンスは終了しました。
多くのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

昨年の金融危機をきっかけに、中国の経済成長も減速に転じました。それ以降、中国政府は景気を刺激するために、金融緩和と大規模の財政出動を実施しています。中国経済がこのまま回復に向かうかどうかについては注目を集めています。特に、日本では、中国経済の回復に対する期待が高まっています。今回のコンファレンスでは、中国経済の内実に焦点を当てることにいたします。

ご多用中のことと存じますが、当コンファレンスにご参加賜りますよう、ご案内申し上げます。

開催概要

日時
2009年6月11日(木曜日) 13時20分~17時20分 (受付開始12時30分)
会場新・経団連会館 2階国際会議場
住所:東京都千代田区大手町1-3-2 [地図] 電話:03-6741-0222(直通)
これまでと会場が異なります。 ご注意ください。
使用言語日本語、中国語 (同時通訳付)
定員400名 (定員に達した場合、受付をお断りする場合があります)
参加費3,000円 (当日受付にてお支払い下さい)
特典ご来場のお客様全員に弊社研究員による新著「華人経済師のみた中国の実力」(日本経済新聞社刊)をプレゼント

プログラム

プログラムの内容は一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

講師紹介
開催プログラムダウンロード
13時20分~13時30分
開会挨拶
富士通総研 代表取締役社長 長谷川 展久
13時30分~14時20分
北京天則経済研究所 理事長 茅于軾
基調講演

「裕福と公平への道」
- 金融危機にこそ問われる中国の実力 -

北京天則経済研究所 理事長 茅 于軾
14時20分~14時50分
柯 隆
研究報告(1)

「金融危機下の中国経済」
- 政策と課題 -

富士通総研 経済研究所 主席研究員 柯 隆
14時50分~15時20分
研究報告(2)

「重要性の増す中国市場」
-日系企業の戦略の検証-

富士通総研 経済研究所 主席研究員 金 堅敏
15時20分~15時35分
休 憩
15時35分~17時10分
パネルディスカッション
「金融危機と日中協力の新展開」

【パネリスト】
北京天則経済研究所 理事長 茅 于軾

霞山会 事務局次長 主席研究員 阿部 純一

霞山会 事務局次長 主席研究員 阿部 純一

 


富士通総研 経済研究所 主席研究員 柯 隆
富士通総研 経済研究所 主席研究員 金 堅敏

日本経済新聞社 編集局 アジア部長 後藤 康浩
【コーディネータ】
日本経済新聞社 編集局 アジア部長 後藤 康浩
17時10分~17時20分
閉会挨拶
富士通総研 専務取締役 根津 利三郎