GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. イベント・セミナー >
  3. 特別企画コンファレンス >
  4. 日米におけるPHRの課題と近未来図

日米におけるPHR と医療の近未来図

~PHR(Personal Health Record)が変える今後の医療~

去る2009年2月10日(火曜日)に、特別企画コンファレンスが『日米におけるPHR と医療の近未来図 ~PHR(Personal Health Record)が変える今後の医療~』をテーマに経団連会館で開催されました。PHRは、医療の在り方を根本的に変革する可能性を持っており、患者中心医療の基盤ツールとして期待されています。また、医療は検索サイトでの検索件数が最大の分野であるため、マイクロソフトやグーグルも医療情報の分野に参入してきており、米国ではPHRビジネスモデルの覇権争いが勃発しています。

特別企画コンファレンス

当日の会場の様子
  経団連会館 国際会議場(東京・大手町)

このような状況において、日米の医療情報の専門家として、Google Healthアドバイザーでもあるジョン・D・ハラムカ(John D.Halamka)氏ならびに、東京医科歯科大学 教授 田中博氏、また医療現場からは、島根県立中央病院 副院長 清水史郎氏、旭川赤十字病院 副院長 牧野憲一氏をお迎えし、当社が誇る研究員とともに、基調講演、特別講演、研究発表、パネルディスカッションの構成で行なわれました。

当日は300名近い大勢のお客様にご来場いただき、大盛況のうちに閉会しました。

以下に当日の講演者の様子および配布資料(ダウンロード)、アンケート結果をご案内いたします(講演者の所属はコンファレンス当日時点のものです)。

基調講演

「患者と医療機関と保険者の連結」
~Connecting Patients, Providers, and Payers~

ハーバード大学医学部CIO
ケアグループへルスシステムCIO
Google Healthアドバイザー

ジョン・D・ハラムカ

 

特別講演

「日本版EHR※の実現に向けて」
~その戦略的アプローチ~
   ※EHR:Electroric Health Record

東京医科歯科大学 教授
情報医科学センター センター長

田中 博

 

研究発表 「米国現地調査の報告」~PHRと地域医療ネットワーク~

「EMRと地域医療事業体構築に向けて」
~米国調査報告(1)~

富士通総研 経済研究所
客員研究員

松山 幸弘

講演資料ダウンロード [596KB]

 

「PHRサービスの動向」
~米国調査報告(2)~

富士通総研 経済研究所
上級研究員

江藤 宗彦

 

パネルディスカッション 「PHRの課題と近未来図」

「島根県における地域医療連携からEHR・PHRへの展開へ」

島根県立中央病院 副院長

清水 史郎

 

「旭川における地域医療連携システム」

旭川赤十字病院 副院長

牧野 憲一

 

【パネリスト】

  • ハーバード大学医学部CIO
     ジョン・D・ハラムカ
  • 東京医科歯科大学 教授
     田中 博
  • 島根県立中央病院 副院長
     清水 史郎
  • 旭川赤十字病院 副院長
     牧野 憲一
  • 富士通総研 経済研究所
     松山 幸弘

【コーディネータ】

  • 富士通総研 専務取締役
     根津 利三郎

 

関連コンテンツ