GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コンサルティング事例 >
  3. コンサルティング事例 [ITの事業貢献価値を最大化するためのプログラムマネジメント]

ITの事業貢献価値を最大化するためのプログラムマネジメント ~事業統合を例に~

概要

事業統合の牽引役としてのIT部門PMOの成功に向けて

経営とITが融合し密接に関連するようになった昨今、M&Aや事業統合におけるIT統合は重要性と複雑性を増しています。情報システム部門は部門横断的に業務・ITを把握している部門として、事業統合においても牽引役の役割が求められています。

製造業A社様においても、国内・海外を含めたシステムの事業統合対応を問題なく完遂するために、プログラムマネジメントオフィス(PMO)を設置しました。そこで設置したPMOをどのように成功に導き、事業統合を完遂したかについて、取り組み事例を交えてご紹介します。

課題

広範囲かつ多様な管理対象のマネジメントが課題

A社様の事業統合は複数事業かつ全世界という非常に広範囲にわたる統合のため、事業統合に伴うシステム対応についても、グローバルで数百システム、数百テーマのIT対応を約1.5年で完遂する必要がありました。事業統合のIT再編対応を推進するにあたり、各フェーズ毎に以下のような課題がありました。

  1. 事業再編プランニングフェーズ
    • 未確定事項を前提とした計画策定
    • 異なる組織間の共通言語化
  2. IT対応実行フェーズ
    • グローバルで広範囲の管理対象におけるQCD確保
    • 実行部隊とマネジメント層との情報格差是正
  3. 再編臨戦マネジメントフェーズ
    • グローバル規模でのリスクマネジメント

解決策

徹底した全体状況の可視化と共通認識の醸成がキーポイント

これらの課題の解決策として、社員意識改革やコミュニケーションプラン策定およびプログラムマネジメント領域について豊富な経験を持つコンサルタントとシステム統合や導入支援を得意領域とする富士通グループのメンバーがお客様と協同型PMO体制を構築し、事業統合推進を実施しました。
以下は主な取り組み内容です。

  1. 事業再編プランニングフェーズ
    【未確定情報をもとにした計画策定とコミュニケーションGAPの解消】
    • 仮説ベースの事業再編の姿を策定し、再編の全体鳥瞰図を作成しました。トップマネジメントにも分かりやすい鳥瞰図を作成し、プロジェクトに関連する数百人規模のメンバーの共通認識化を促進しました。
    • カルチャーや用語の使用方法が異なるメンバーをマネジメントするため、早期に企業間共通のマスタースケジュール、レビューポイントおよび再編IT対応テーマを仮説定義し、共通の用語で議論する土壌を構築しました。
  2. IT対応実行フェーズ
    【情報の一元管理と意思決定のための全体鳥瞰】
    • 広範囲の管理対象に対し、マイルストーンを提示・徹底することで意思統一を図るとともに、全体の整合性を保った推進を図ることができました。
    • グローバルで広範囲に推進されているIT対応について進捗・課題を一元的に管理し、エグゼクティブ向けマネジメントレポートを作成することで迅速な意思決定を促進しました。
  3. 再編臨戦マネジメントフェーズ
    徹底したリスク対策訓練
    • 弊社保有の事業統合リスクマネジメントリファレンスや有事対策時の訓練ノウハウを活用し、お客様にノウハウ提供しながらリスク対策訓練を数回にわたって実施し、有事の対応力を向上しました。
    • 切替状況をリアルタイムに把握可能な富士通のクラウドツールを活用し、広範囲にわたる切替を一元管理し、切替状況の早期共有を実現しました。

成果

事業統合のITプログラムマネジメントをワンストップで提供

今回の事業統合IT対応では、富士通総研が企画段階から統合完了までを一気通貫でご支援させていただくことにより、全体整合性をもった再編対応におけるITマネジメントを実行することができました。

業界トップクラスの大規模な事業統合にも関わらず、大きなトラブルなく成功させることができ、お客様のマネジメント層からも高い評価をいただきました。

さらにA社様では、今回のプログラムマネジメントを通じて全体俯瞰的なITマネジメントが可能となり、今後のさらなるシナジー効果創出へ向けた取り組みを検討しています。

A社様のように事業統合におけるITマネジメントについて同様のお悩みを持っておられる企業様は是非ご相談下さい。

掲載日:2012年5月31日
(クロスインダストリー事業部 シニアコンサルタント 清水 義之)


関連リンク

関連コンサルティングサービス

ICTグランドデザイン

本事例中に記載の数値、社名・固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページ の閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。


お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせへの回答例
お客さまからのお問い合わせとコンサルタントからの回答例です。ご相談をされる際は、是非ご覧ください。