GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コンサルティング事例 >
  3. コンサルティング事例 [「次世代エネルギーパーク整備事業」で事業性評価モデル作成を3か月間の検討で実現した山形県庄内町様]

「次世代エネルギーパーク整備事業」で事業性評価モデル作成を3か月間の検討で実現した山形県庄内町様

概要

行政の依頼でエネルギーに関する事業性評価を敢行

山形県庄内町様は日本の自治体で初めて大型風力発電の稼動を成功させ、1993年に地元の環境・エネルギー教育の場として「風車村」をオープンしました。富士通総研はこの風車村リニューアルに向けた「次世代エネルギーパーク整備事業」を支援。「次世代エネルギーパーク」の企画策定・事業性評価を行い、報告書をNEDO事業のデータベースに公表するに至りました。

庄内町様は大型風力発電導入のパイオニアとして風力発電事業に長年取り組まれてきました。

庄内町様は大型風力発電導入のパイオニアとして風力発電事業に長年取り組まれてきました。

課題

報告書作成まで残された期間は3か月

庄内町様は「次世代エネルギーパーク整備事業」で新技術・自然エネルギー導入による「風車村」のリニューアルを検討していました。導入には企画のパートナーになる企業や住民、議会などへの説明が必要です。検討に残された時間は約3か月。短期間で企業構想と事業性の算定を含む報告書を作成することが課題となっていました。

先進性が高いマイクログリッドによる「次世代エネルギーパーク整備事業」の検討

庄内町様では、温暖化対策の環境先進地域として風力発電・天然ガス・バイオマスなどの取り組みを通じたエネルギーの「地産地消」を推進しています。今回の「次世代エネルギーパーク整備事業」の事業化調査では、先進性が高く送電ロスを大幅に削減するマイクログリッド(電力自営線)や風力発電・太陽光発電などCO2削減に役立つ自然エネルギーの導入について検討が必要でした。庄内町様は「次世代エネルギーパーク整備事業」の企画と事業性評価を実施するにあたり、より精度の高いビジネスモデルのシミュレーションを行うことで、先進事例が少ないマイクログリッドシステムの事業を推進したいと考えていました。

エネルギーパークでは、環境教育の場として自然とのふれあいを提供しています。

エネルギーパークでは、環境教育の場として自然とのふれあいを提供しています。

解決策

環境課様と共同で現地調査を推進

富士通総研は、庄内町環境課様と共同で現地調査を進め、インタラクティブに企画を整理しました。現地調査を行い地域特性を十分把握した上で、地域の皆様への還元を念頭に企画コンセプトを定め、ブレーインストーミングによって60以上の企画を検討しました。

企画の実現による波及効果について、効果が生じるまでの複雑な因果関係を定義し、「波及効果算定ロジック」を明確化。常に作業は庄内町環境課様と共同で進め、精度の高いシミュレーション・モデルを作成しました。

完成したシミュレーション・モデルで企画優先順を容易に選定

その結果、企画ごとに訪問客の目標数、企画の実現に必要な予算などの限定的な数値や設定値を入力するだけで、自動的に雇用者数、定住人口の増加数、売上、管理料、税収など一連の波及効果について算定することが可能になりました。この精度の高いシミュレーション・モデルにより、各々の企画の収益性を素早く算定し、企画の実現までに必要な時間を判断の軸に加えることで、企画の優先順位を容易に定めることが出来るようになりました。

この取り組みを通し、優先順位の高さによって採用したすべての企画を、「次世代エネルギーパーク整備事業」の10年にわたる長期ロードマップの形で取りまとめ、企業や地域住民などに説明することが出来るようになりました。

庄内町は山形県北西部に広がる庄内平野に位置し、風光明媚な米どころです。

庄内町は山形県北西部に広がる庄内平野に位置し、風光明媚な米どころです。

成果

  • 精度の高いシミュレーション・モデルを完成させ、企画の収益性を素早く算定できるようになりました。
  • 「風車村」リニューアルに関する「次世代エネルギーパーク」の企画とりまとめを完了させ、確度の高い事業性を評価できました。
  • 企画と事業性評価の結果について取りまとめた報告書を、NEDO事業(NEDO:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)のデータベース上で公表するに至りました。

掲載日:2009年4月1日
(通信ハイテク事業部 シニアコンサルタント 吉村 幸治)


関連リンク

関連コンサルティングサービス

エネルギー

本事例中に記載の数値、社名・固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページ の閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせへの回答例
お客さまからのお問い合わせとコンサルタントからの回答例です。ご相談をされる際は、是非ご覧ください。