Skip to main content

English

Japan

成熟の通信事業市場で新たなビジネスチャンスを発掘するスキームを確立した富士通テレコムビジネスグループ

概要

迅速にグローバル調査を実施し短期的な効果創出施策を提言

成熟している通信事業市場において、富士通テレコムビジネスグループへ短期的な効果創出施策、ならびに中長期経営計画に盛り込むべき施策の整理、提言を行いました。短期間でグローバル市場調査を行うなど、富士通総研独自の手法により新たなビジネスチャンスを発掘するスキームを確立しました。

課題

新たな収入源を確立するビジネスモデルの創造

「成熟化市場ながらにも新たな収入源やドラスティックな活力をもたらすビジネスモデルを創造し、更なる成長へとつなげたい」というのが、全世界の通信事業者の課題です。

特に、日本では国内の携帯電話普及台数が1億台を突破し、市場が成長から成熟へシフトしています。音声通話定額制や番号ポータビリティ制度が導入され、市場競争が加速。もはや既存のネットワーク利用に対する課金モデルでは通信事業者の収入が伸びず、大幅な利益増は望めなくなりました。

こうした環境は日本の主要3キャリア(NTT、KDDI、ソフトバンク)に共通の課題であり、先進諸国の主要キャリアである英Vodafoneグループ、独ドイツテレコム、香港ハチソンワンポア、米Verizon等においても同様です。

成熟化市場における新たな成長モデル、収入源を確立するための施策を探ることを目的に調査を開始しました。

解決策

新たな収入源創造へ向けた施策抽出

富士通総研は新たな事業成長プランの策定にあたり、世界各国における先端技術および先端サービスモデルを調査しました。どのような方法が「富士通」と「富士通のお客様」、「富士通のお客様のお客様」それぞれに利益をもたらすか、の検討です。

事業収入を向上させる、利益率を向上させるために、まず「新規事業企画」のアプローチから、「新たな収入源創造」へ向けた施策抽出を行いました。富士通総研独自の手法を用い、サービス提供を行う付加価値です。

関連部門などと連携を踏まえた検討を推進

「通信ビジネス」に関連する富士通グループグローバルのナレッジをまとめ、既存リソースを活かし、どのように活動すべきか、各部門の連携を強めると同時に戦略を策定しました。短期間で迅速に行うグローバル市場動向調査・ユニークなサービス施策案の抽出・ディスカッションを通じたアイディアスクリーニング・事業モデルの策定を実施。事業が軌道に乗り利益を生み出すまでのプロセスについて、短期的な効果創出施策ならびに中長期経営計画に含めるべき施策として、それぞれ提言を行いました。

調査、事業検討においては、富士通グループの海外テレコム関連部門、グローバル主要キャリア、通信・ハイテクコンサルティング事業部が独自に連携する先端技術保有企業、スタートアップ企業、投資機関、調査およびコンサルティング会社等との連携を踏まえた検討を推進。最新のグローバル最先端動向をウォッチしつつ、想定市場においてユーザーへの価値が高い事業、サービス企画を戦略提言しました。

成果

  1. グローバル先端動向のナレッジ集積
    日本および海外の通信事業者が何を考え、どのような取り組みを行っているか、グローバルの先端動向をナレッジとして集積し、新たなビジネスチャンスを発掘するスキームを確立。
  2. 集積したナレッジの異業種へ展開を実現
    通信事業者のグローバル先端動向のナレッジ蓄積から、異業種への事業展開の可能性を発掘し、運輸やメディアといった他業界に対して、新たな案件を推進。
  3. 各国実績に基づくクロスボーダ案件拡大
    国内外における事業活動に富士通グループ内外の成功モデルから、グローバルレベルのソリューションサービス、プロダクト展開を検討。

掲載日:2009年4月1日
(通信・ハイテク事業部)


関連リンク

関連コンサルティングサービス

情報・通信

本事例中に記載の数値、社名・固有名詞等は掲載日現在のものであり、このページ の閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせへの回答例
お客さまからのお問い合わせとコンサルタントからの回答例です。ご相談をされる際は、是非ご覧ください。