GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2015年 >
  5. Debt and Growth Crises in Ageing Societies: Japan and Italy

Debt and Growth Crises in Ageing Societies: Japan and Italy

Senior Research Fellow Martin Schulz
April 2015

Abstract

Increasing public debt and frustratingly low growth in Japan and Italy have a common root: an ineffective response to the challenges of demographic ageing and globalization. Both countries do not have large governments living beyond their means but have been running deficits to stabilize their economies while income generation shifted from young to old and demand shifted from industrial manufacturing to services. Essentially, slow-rolling debt crises in mature economies are growth crises that require proactive policies to shift the equilibrium from preserving wealth and vested interests to renewed income generation and innovation. This report follows the reactions of ageing corporations, households, and governments while adjusting to the “new normal” of slow growth, and takes a rather sober look at the options for overcoming current deadlocks and reigniting growth.


高齢化社会における債務危機と成長危機:日本とイタリア

上席主任研究員 マルティン・シュルツ
2015年4月

要旨

日本とイタリアにおける増え続ける公的債務ともどかしい低成長は、共通の原因を持っている。つまり、人口の高齢化とグローバリゼーションという課題に対して、効果的な対応ができていないことだ。これら二国は、身分不相応に大きな政府を持っているわけではないが、収支は赤字で経済は安定している一方で、所得創出は若年層から高齢者層へ移っており、需要も工業生産からサービスへと移行している。本質的には、成熟経済においてゆるやかに進む債務危機は成長危機であり、富や既得権利を守ることから新たな所得創出とイノベーションへと均衡を移行させる先行型の政策が必要となる。このレポートでは、低成長という「ニューノーマル」に対応しながら、高齢化する企業、家計、政府の対応を整理し、現在の手詰まり状態を克服して成長エンジンに再点火するためのオプションについて慎重に検討する。


全文はPDFファイルをご参照ください。(英語)
Debt and Growth Crises in Ageing Societies: Japan and Italy [1,886 KB]