GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2009年 >
  5. サービス・プロセスの評価とブループリンティング手法の有効性

サービス・プロセスの評価とブループリンティング手法の有効性

上席主任研究員 長島 直樹

2009年5月

要旨

本稿は、サービス提供プロセスを可視化するためのツールとして、サービス・ブループリンティング手法について検討するものである。様々なサービスにおいて、業務プロセスを可視化することによるコスト削減・効率性追求は一般的に行われている半面、顧客が経験するプロセスを明らかにすることによってサービス価値を向上させる試みはまだ一般的とは言えない。しかし、サービス価値は利用者によって評価されるものであり、顧客プロセスの考察を抜きにして、サービス価値を向上することは難しい。ブループリンティングは、典型的な顧客経験を軸として時間軸に沿ってサービス構造を理解するものであり、評価要素などを付加することによってサービス設計・品質管理において有用性の高いツールとなり得る。

全文はPDFファイルをご参照ください。

サービス・プロセスの評価とブループリンティング手法の有効性 [586 KB]