GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2008年 >
  5. インドにおける研究開発戦略のあり方

インドにおける研究開発戦略のあり方

主席研究員 金 堅敏

2008年10月

要旨

これまで多国籍企業は、グローバル市場戦略や生産のグローバル最適配置について推し進めてきた。80年代後半以降のグローバリズムの加速やITの普及によりR&Dの国際化も加速されるようになった。生産の海外展開と違ってR&Dの海外展開は専ら先進国であったが、近年に至っては、中国やインドのような新興国にも大規模に展開されるようになった。市場の潜在性や人材プールの大きさから欧米企業ではインドをグローバルなイノベーション拠点として活用するようになったが、日本企業の対インドR&D展開は少ない。

スズキをはじめインドで活動している日系企業4社への文献サーベイや現地ヒアリング調査を行った。インドで展開されている日系企業では、現地化のためのR&D展開、「Local for local」のR&D戦略、市場密着で現場重視のR&D活動といった特徴が見られた。他方、文献サーベイや現地調査を通じた米系企業(GEとIBM)の特徴は、R&Dを起点とする市場戦略、R&Dのネットワーク戦略或いは「Local for global」のR&D戦略、欧米並みのマネジメント体制での基礎研究の展開などが挙げられる。

R&D活動のパフォーマンス評価尺度である質、コスト、時間を念頭に、インドで活動している日系企業と米系企業に対するケーススタディを通じて、日本企業に現地化を中心とした漸進的なアプローチとR&Dを起点とした非連続的なアプローチを内容とする「戦略ミックスモデル」の採用、それに伴う制度によるガバナンス体制の確立、そしてインドのグローバルナレッジセンター化に注目、活用といった示唆が提起される。

全文はPDFファイルをご参照ください。

インドにおける研究開発戦略のあり方 [1200 KB]