GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2008年 >
  5. カテゴライゼーションの消費者行動における重要性

カテゴライゼーションの消費者行動における重要性

-Willingness to payへの影響-

主任研究員 新堂 精士

2008年3月

要旨

私たちは、日常的な判断や思考活動において、比較を行うことが多い。比較するためには、比較される対象同士が同じカテゴリーに属していることが前提となっている。この意味において、あるモノやコトをどのようなカテゴリーとするのか(すなわちカテゴライゼーション)は重要である。同様に、商品・サービスの購入にあたっても、その商品がどのようにカテゴライズされるかは重要である。商品のカテゴライズが異なれば、消費者が支払ってもよいと考える価格(Willingness to pay)が異なることを、アンケートによる実験で確認した。そして、以下のような結果を得た。(1)スマートフォンのような商品を念頭に、PCの簡易版とカテゴライズされた場合と、携帯電話の発展版とカテゴライズされた場合を比較すると、消費者が支払ってもよいと考える価格は前者の方が高く、この差は小さくはない。(2)カテゴライゼーションが違えば、支払ってもよい価格が異なるということは、消費者の基本属性の違いによらず確認された。

全文はPDFファイルをご参照ください。

カテゴライゼーションの消費者行動における重要性
-Willingness to payへの影響-
[849KB]