GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2005年 >
  5. 日本型IT産業クラスターの形成に向けて -ネット企業の企業間ネットワークからの視点-

No.231 : 日本型IT産業クラスターの形成に向けて

-ネット企業の企業間ネットワークからの視点-

上級研究員 湯川 抗

2005年5月

要旨

  1. クラスターやその内部に立地する企業にとって重要なのは、企業が近接立地しているという事実ではない。企業間にどのようなネットワークが存在し、それがどのように各企業の業績に影響を及ぼしているかである。東京都区部におけるインターネット企業のクラスターにおける企業間ネットワークを分析したところ、投資家によって形成された企業間ネットワークが企業の成長性や収益性に影響を及ぼしている可能性がある。
  2. このような企業間ネットワークの影響は投資家としての大手IT企業によってもたらされており、シリコンバレーにみられるような、VC(ベンチャーキャピタル)によってもたらされているものではない。また、実際のビジネスの上でも大手IT企業はネット企業にとってのビジネスの供給者として重要な役割を果たしている。したがって、短期的にはこれら大手IT企業の投資の活性化を促していくことが、日本型クラスターの発展につながる可能性が高い。

全文はPDFファイルをご参照ください。

日本型IT産業クラスターの形成に向けて -ネット企業の企業間ネットワークからの視点- [239 KB]