GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2004年 >
  5. 企業間ネットワークからみたネット企業のクラスターと企業戦略-ネット企業における協調と競争の関係構造-

No.214 : 企業間ネットワークからみたネット企業のクラスターと企業戦略

-ネット企業における協調と競争の関係構造-

主任研究員 湯川 抗

2004年12月

要旨

  1. 企業間のネットワークが、企業やクラスターの発展に重要な役割を果たしていることは論を待たない。本稿では、ネットワーク分析を用いて東京都区部に集積するネット企業の企業間関係を協調関係のネットワークと競争関係のネットワークに分類し、それぞれのネットワークの影響を検証した。
  2. 協調関係のネットワークは、現在機能しておらず、このままでは、東京都区部の企業集積は、少なくてもシリコンバレー型のクラスターとしての発展は望めない。また、競争関係のネットワークにおいては、自社と競合する企業の数ではなく、競争相手の競争環境が需要となる。したがって、思い切った販売先の「リワイヤリング戦略」や、大企業による「囲い込み」を活用することが業績向上につながる可能性がある。
  3. クラスターの発展を目指すには、大企業を媒介とした企業間のネットワークを強化する必要がある。大企業によるリスクマネーの供給、ネット企業の販売先としての大手IT企業によるベンチャー振興が、日本独自のクラスター発展の経路となる可能性がある。

全文はPDFファイルをご参照ください。

企業間ネットワークからみたネット企業のクラスターと企業戦略 -ネット企業における協調と競争の関係構造- [1.23 MB]