GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 2000年 >
  5. アジアにおけるエネルギー協力と日本の課題

No.95 : アジアにおけるエネルギー協力と日本の課題

主任研究員 武石 礼司

2000年11月

要旨

1.アジアのエネルギー需給と市場構造

アジアのエネルギー消費量とGDPの伸び率の関係は、日本、中国、および、その他のアジア諸国に「3極化」している。今後、中国のエネルギー消費量が経済成長に従い、その他アジア諸国と同じ系列に入っていくのか、また、「その他アジア諸国」のトップランナーである韓国が日本型の成長軌道に入るかが注目される。

2.中国のエネルギー消費構造の変化

エネルギー供給源として石炭に8割程度も依存してきた中国では、WTO加盟のため、石炭を含めたエネルギーに対する補助金を削減しており、また、エネルギー市場の外資に参入を認めつつある。こうした状況を受けて96年をピークとして国内の石炭生産が急減するとともに、石炭需要も減少しており、その一方、石油に対する需要が急増している。アジア全体としての石油需要も、中国の需要急増を受けて増大している。

3.物流の課題(マラッカ海峡等のシーレーン)

アジアに石油およびガスを運んでくるための最大の難所はマラッカ・シンガポール海峡であるが、2020年までの通航量を予測すると、中国の石油類の輸入量が日本の石油類の輸入量を超える可能性が出てきている。現状でも既に満杯と言われる同海峡の混雑を避け、安定的なエネルギー供給を維持するためには、エネルギーの相互融通を可能とする国境を超えたパイプライン網および電力グリッドの形成に努める必要がある。

4.エネルギーグリッドの重要性(欧州のガス供給網の事例検討)

欧州諸国では、ガスグリッドが整備され、供給先が増えるにつれて、価格競争が生じており、供給価格の低下が見られ、スポット市場が発達してきている。エネルギー供給の安全性を向上させるためにも、アジアにおけるエネルギーグリッドの形成は有効と判断できる。

5.アジアでの取り組み

アセアンではエネルギーの相互融通が、ガスパイプラインの敷設と国境を越えた電力融通ラインにより進められている。エネルギー利用のネットワーク化が進むことは、エネルギー安全保障の強化につながり、さらに、各国間の依存関係を高め、地域の安定化をもたらす。
アセアンでの動きに加え、中国においてもロシアからのガス輸入プロジェクトが進められており、また、中央アジアからの石油およびガスのパイプラインによる輸入計画が検討されている。

6.提言

日本は、アセアンで進行中のガスおよび電力を中心としたエネルギー相互融通の動きを支援するとともに、日本近隣においても、ロシア、中国、韓国等の近隣諸国とのエネルギー相互融通の可能性を探っていくべきである。
特に、尖閣列島海域の資源探査は中国との領土問題を棚上げして、共同実施するべきである。資源量を確認することで、エネルギー争奪をめぐる紛争発生を事前に避けることも可能となる。資源探査の結果、仮に、開発可能な資源を発見できれば、中国の国内産エネルギー供給量を増やすことができ、供給安定化に役立ち、日本にとっても利益となる。

全文はPDFファイルをご参照ください。

アジアにおけるエネルギー協力と日本の課題 [1.31 MB]