GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 1998年 >
  5. アジア経済:回復へのシナリオ

No.31 : アジア経済:回復へのシナリオ

FRI経済研究所

1998年5月

要旨

  1. 昨年7月以降、アジア諸国は通貨危機に見舞われ、通貨の下落により、金融システムが混乱し、実体経済も深刻な不況に陥った。ただし、通貨危機から受けたダメージは国によって違い、重態組、重傷組及び軽傷組という3つのグループに分けられる。
  2. アジア諸国経済の通貨危機からの回復は、3段階のプロセスが必要となる。第1段階は、危機から安定への段階であり、1年もしくは1年半の時間をかけて、金融システムの安定を回復させる。第2段階は、低迷から回復への段階であり、約1年半か2年の時期に、輸出主導で内需を回復させる。第3段階は、さらに2年間で、内需拡大で本格的な経済回復を達成させる。通貨危機発生5年後には、経済が成長の軌道に復帰できる。
  3. 第1段階である金融システムの安定回復は、最も重要なステップである。金融市場が安定しない限り、生産、輸出入、消費、投資などの正常な経済活動もできない。金融システムの回復は、(1)IMFによる資金支援の受け入れ、引締め政策の実施、(2)経常収支の改善、(3)対外債務のリスケジューリング、(4)金融機関の機能回復、(5)外部条件として中国人民元の切り下げ回避、などの政策措置あるいは条件が必要となる。現段階では、為替、株価、金利の動きから判断すれば、安定に向かいつつあるが、本格的な安定回復にはなお時間かかる。
  4. 金融システムの安定回復が達成した後、経済の本格的な回復は、輸出主導で展開されると考えられる。通貨の下落により価格競争力が強化され、輸出の大幅な拡大が期待できる。先進国とアジア域内諸国は、需要アブソーバーの役割を引き続き担える。輸出の拡大は第1のエンジンとして、国内需要を喚起し、生産、消費、投資を回復させる。
  5. しかし、通貨の下落による輸出ドライブの効果は一時的なものであるため、内需を拡大させる第2のエンジンを点火する必要がある。内需の拡大は、景気刺激策の実施、設備投資の回復と拡大、消費の回復と拡大、などによって実現される。内需拡大により、経済成長率の危機前の水準に回復する。ただし、持続的な経済成長を維持するために、さまざまな構造改革が必要となる。