GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 1998年 >
  5. 華人企業ネットワークの新展開

No.22 : 華人企業ネットワークの新展開

主任研究員 朱 炎

1998年1月

要旨

  1. 90年代に入ってから、東アジア諸国において、華人企業は大きく発展し、その経済力がさらに強くなった。華人大企業グループは企業グループの上位をほとんど独占している。華人企業の発展により、華人企業家も莫大な資産を蓄積した。
  2. 90年代の大発展の原因として、産業構造、資金調達、組織構造などの面で、環境の変化に対応して、華人企業の経営も大きく変わったことである。また、東アジア、特に中国に対外投資を積極的に行った。その結果、華人企業の多角化、多国籍化が促進された。さらに、人的つながりに基づき形成された華人企業ネットワークは、さまざまな面で機能が強化され、華人企業の情報交換、共同事業に利用されている。
  3. 華人企業とそのネットワークは、情報交換や信用第一による取引コストが安い、多業種、多地域に展開するためリスクを回避しやすい、家族経営の組織構造による決断が早い、などの強みを持っている。しかし一方では、家族経営から生じた人材登用と情報開示が遅れる、伝統産業に集中することから生じた技術の蓄積と開発力が欠ける、華人という民族性から生じた社会と政策面で制約を受ける、などの限界もある。今後、華人企業はさらに発展し、世界の大企業として大量に登場してくると予測できる。華人企業ネットワークはさらにオープンになるであろう。ちなみに、アジアの通貨危機は、華人企業にマイナス影響を与えると同時に、今後のさらなる発展のチャンスももたらした。
  4. 東アジアにおいて、日本企業は華人企業との間に、日系企業の現地生産への協力、大型プロジェクトへの共同参加、共同での対外投資、などの形で協力関係が構築されている。近年、華人企業は日本にも上陸し、企業買収、資金調達、日本での現地生産、不動産開発などの形で展開している。今後、東アジアに進出する日本企業は華人企業との協力関係をさらに強化しなければならない。また、日本経済の活性化を図るために、日本は華人企業の投資を積極的に導入し、華人ネットワークを利用すべきである。