GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 調査・研究成果 >
  3. 研究レポート >
  4. 1998年 >
  5. 海外4カ国の公的セクター改革と日本への視点

No.21 : 海外4カ国の公的セクター改革と日本への視点

研究員 岸 道雄

1998年1月

要旨

  1. 橋本行革会議の最終報告が発表された。橋本行革の焦点は、(1)省庁再編、(2)内閣機能の強化、(3)独立行政法人の創設、の3点に集約される。しかしながら、こうした3つの基本的枠組みによって、当初からの改革目的の「簡素で効率的かつ国民に開かれた、質の高い政府」の実現が可能かどうか。本稿は、海外行革先進4カ国の改革の背景・内容・アプローチ法を検討することにより、日本への視点を探ることを目的とするものである。
  2. イギリスの行政効率化システムは単にエイジェンシー化にとどまらず、民間活力と競争原理の徹底利用が柱となっている。さらに行政サービスの質の改善にも本格的に取り組んでいる。ニュージーランドは、最も急進的かつ、経済学理論に沿った「契約制」導入に基づく改革を実施、カナダ、米国もイギリス、ニュージーランドの改革の影響を受けつつ、行政効率化とサービスの質の改善に現在取り組んでいる。
  3. 各国のアプローチ方法は異なるものの、4カ国の改革に共通しているのは、「結果とアカウンタビリティ志向の行政管理システムの構築」を目指していることである。
  4. 日本も、独立行政法人創設のみならず、民間活力・競争原理の徹底利用実現のためのメカニズム作りと、政府全体における、業務計画作成、目標設定、業績測定、評価、公表といった、国民の目に見える「結果」による行政管理を目標とすべきである。