Skip to main content

English

Japan

No.11 : 東アジアの貿易・投資と相互依存経済について

研究員 荒井 崇

1997年4月

要旨

  1. 東アジア(NIES、ASEAN、中国)地域の発展により世界経済の比重は、今日大西洋地域から太平洋地域ヘシフトしつつある。とくにこの東アジア地域においては1960年代の日本、70年代からのNIES(韓国、台湾、香港、シンガポール)、さらに80年代後半からはASEAN諸国(タイ、マレーシア、インドネシア)、90年代からの中国へと連鎖的に高成長がつづき、今や「世界の成長地域」と名づけるに相応しい地域となった。
  2. この地域は積極的な輸出志向工業化政策の下で、輸出と投資の好循環メカニズムを展開させ、他地域では類例のない高い経済実績を実現してきた。東アジアの開発戦略つまり「輸出志向工業化」政策の下、域内貿易と域内投資とが好循環メカニズムとして作用し、経済成長とともに域内における生産分業の進化に貢献している。
  3. 東アジアの高度経済成長は、当然ながら各国の産業構造の高度化をもたらし、これにより東アジア地域諸国は各々の発展段階の相違をうまく噛み合わせる形で、ダイナミックな相互依存関係を構築してきている。この相互依存関係の把握のために、国際産業連関表による計量的な分析を行い、生産誘発額、生産誘発係数、生産誘発の対外依存度を計測し、国・産業間における波及関係と相互依存度を数量的に示す。
  4. 域内相互依存関係の進展は、東アジア諸国の産業構造の高度化をもたらした。この産業構造変化の実態を明確にするために、スカイライン・マップ分析を行う。スカイライン・マップの創案者であるレオンチェフは、経済規模が大きくなるほど、経済が発展するほど、一国の経済は自給率の高い「完成した体系」に近づくと解釈した。逆に経済規模の小さい国は、経済が発展しても一国だけで完成された体系を形成することには限界があり、他国との補完関係を通して完成された経済体系に近づくと考えた。ここでは東アジア諸国のスカイライン・マップ分析を通じてこの命題に迫り、この地域諸国の経済構造の特徴を浮かび上がらせる。
  5. 円高を契機に東アジア地或の経済関係はダイナミックな転換を引き起こした「日本効果」を中心に、日本、NIES、ASEAN、中国と続く構造転換連鎖構造を明示する。