GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ケータイASPベンダー調査結果


ケータイASPベンダー調査結果 ダイジェスト
~ケータイプロモーションは本格的活用の段階へ~

2004年5月
株式会社富士通総研

携帯電話のメールやインターネット接続機能を利用した販促活動、いわゆる“ケータイプロモーション”に取り組む企業が増えてきた。テレビCMで目にする飲料メーカーの大規模な懸賞キャンペーンだけでなく、特定エリアや登録済みの顧客を対象として特売情報やクーポンのメールを送る小売店、飲食店も増えている。

ケータイプロモーションの実施企業は、自社でシステムを構築していることもあるが、ASPサービスを利用するケースも多い。携帯電話用のシステムは、キャリア毎に異なる対応が必要なうえ、技術進歩が早いので絶え間なくメンテナンスしなければならないが、ASPサービスならそうしたことを気にせず、手軽な料金ですぐに実施出来るメリットがあるからだ。主要なケータイASPベンダーを対象とした調査を通じ、ケータイプロモーションの動向とASPサービスの今後を分析した。

急増するケータイASPサービス契約数:3年で11倍の2,385件

2004年3月末現在で、ケータイASPベンダー9社の累積契約数は2,385件にのぼった。2001年3月末時点でサービスを行っていた5社の累積契約数は210件だったので、この3年間で11倍以上と、急速にASPサービスの利用が広がったことが分る。

最も契約数が多いベンダーは、「mo-on(ムーン)」を運営する株式会社リクルートだ。同社は、2000年5月からサービスを開始し、2001年3月末時点の契約数は75件で首位ではなかったが、その後急速に数を増やしてトップに立ち、2004年3月末には1,209件と全体の半数を占めるまでになった。一方、契約数の絶対値ではリクルートとは比較にならないが、丸紅テレコム株式会社と株式会社サーバーワークスが提供する「ケータイ@」がサービス開始から約半年で100件を獲得する等、ここ数年内にサービスを開始し、低料金を売り物に契約数を伸ばしているベンダーもある。

図表1 ケータイASPベンダーの累積契約数推移

累積契約数推移



小売業や飲食店での利用が増える

9社に契約数の多い業種をたずねると、「流通業・小売業」という回答が一番多く、「飲食」、「食品・飲料」、「出版・情報サービス」がこれに続く。あるベンダーが「これまで飲料・菓子メーカーの利用が中心だったが、より高額な商材に対象が広がり、また、流通・小売業でも取り組みが始まった」と説明しているように、ケータイプロモーションを行なう業種の変化と、小売業や飲食店での利用の増加を指摘する声は多い。

契約数の伸び率が大きい低料金のベンダーは、一番契約数の多い業種として「流通・小売」や「飲食」を挙げており、伸びざかりのマーケットで低料金を武器にクライアントを獲得している様子がうかがえる。株式会社ビープラスは、ASPサービスの販売とケータイページの制作を行う代理店を全国各地に展開中で、今後も小売業や飲食店での利用の広がりが期待される。

図表2 契約数の多い業種

契約数の多い業種


会社名対前年比一番契約数の多い業種
A社186%流通・小売業
B社175%飲食
C社137%自動車
D社108%出版・情報サービス
全体平均157%-


ASP利用から自社開発に切り替える企業も

低料金サービスの利用が増えているだけでなく、QRコードアクセス等の付加機能に対するニーズも増えているようだ。「とりあえずASPを利用して様子を見ていたクライアントが、効果を実感して自社システムを開発するケースが増えている」という証言もある。ケータイプロモーションを本格的に行うためには、自社の既存システムとの連携が必要になり、ASPサービスでは対応できないケースが出てくる。そこで、個別ニーズに対応する機能を提供したり、ASPサービスを卒業した企業に対するシステム構築の売り込みに力を入れているベンダーもある。

ケータイプロモーションは本格的な活用の段階に入り、企業の実施レベルや規模によってASPサービスに求める機能も変化し始めてきたと考えられる。

図表4 ASPサービスの方向性

ASPサービスの方向性
NO会社名主なサービス名URL特徴
1株式会社リクルートMO-ON(ムーン)http://mo-on.net/累積契約数No.1。多彩な機能と高度なセキュリティ対策が特徴
2株式会社ビープラスおやゆびどっと混む,ケータイ放送局http://www.be-plus.co.jp/ケータイASPサービスの営業とケータイWebページ制作を行なう代理店「ケータイ放送局」を全国展開
3株式会社ユーアイディーM・I・C・S(ミックス),Dadmailhttp://www.uid.co.jp/“空メール”のダッドメールを中心に各種ASPサービスやモバイルソリューションを提供
4ビートレンド株式会社携帯サイト運営ASPサービスhttp://www.betrend.com/ASP1万円サービスメニューを展開
5シャフト株式会社MobileBiz.web,MobilBIZ.mailhttp://www.shaft.ne.jp/1ヶ月の無料トライアルを実施
6丸紅テレコム株式会社/株式会社サーバーワークスケータイ@(アット)http://ktai.at/掲示板やショッピングカート等を標準機能で提供
7株式会社ガリレオゼストDigiMa(PMSP,IntelliMail)http://www.galileozest.co.jp/service/digima.html3つのASPサービスでデジタルマーケティング活動をサポート
8エイケア・システムズ株式会社MailPublisher Mobile Editionhttp://www.a-care.co.jp/2003年10月サービス提供開始。多店舗管理に対応した階層ごとの権限機能設定が可能
9株式会社ウインズコミュニケーションズWINS Mailing Service,Virtual Shop Servicehttp://www.winscom.co.jp/product/mail/メール配信サービス、ケータイショップ向けサービス、チャットサービス等を展開

ケータイASPサービスの定義
この調査では、携帯電話向けに、電子メール配信、会員登録、Webページ作成等の複数の機能をASPで提供するサービスを「ケータイASPサービス」とし、単なるホスティングやメディア変換サービスは除いた。

調査方法
Webサイト等でケータイASPサービスを提供するベンダーをピックアップし、電子メール等で調査した(2004年5月実施)。
【富士通総研 田中秀樹】

【関連情報】

 ・調査結果 『第2回ケータイASPベンダー調査』

 ・調査レポート 『携帯電話の利用実態とニーズ分析2006』

 ・調査レポート 『インターネットショッピング2007』



ケータイ関連の最新動向は、「サイバービジネスの法則集お知らせメール(登録無料)」でお届けしています。講演や受託調査も行っていますのでお問い合わせください。