GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

第6回インターネットユーザ調査

携帯インターネット・ユーザーの半数はメールのみ利用

パソコン(PC)での利用が大前提であったインターネットも、1999年2月にiモードのサービスが登場したことで、新たな展開を迎えている。今回調査時点でのiモード等携帯電話インターネット利用者数は、約569万人(2000年2月現在、日経BP社調べ)となった。今回の調査では、PCによるインターネット・ユーザーのうち、携帯電話インターネット利用者と非利用者の違いに焦点を当て、従来のユーザーからの変化の様相を探っていく。また、金融、行政などインターネットの生活関連サービスと、高速のインターネット接続サービスについても取り上げる。

目次

調査概要
結果要旨
調査結果1(携帯電話によるインターネットの利用状況)
調査結果2(インターネットの生活関連サービス利用状況)
調査結果3(高速インターネット接続)
調査結果4(オンラインショッピング)
調査結果5(アクセス行動)
調査結果6(インターネット・ユーザー(回答者)の属性)
回答者属性
質問文と回答1(Q1-Q10)
質問文と回答2(Q11-Q20)
質問文と回答3(Q21-Q28)
質問文と回答4(Q30-Q36)
調査ツールiMiネットについて



調査に関する問い合わせ先
(株)富士通総研 ビジネスデザインコンサルティング事業部)田中,倉持
E-mail:cyber@fri.fujitsu.comTel 03-5401-8393 Fax 03-5401-8389



次回アンケート調査結果やネットビジネスの最新動向は、「サイバービジネスの法則集お知らせメール(登録無料)」でお届けしています。講演や受託調査も行っていますのでお問い合わせください。