GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ケーススタディ


電子メール広告のクリック率は、メールコンテンツで変化するか?


バナー広告のコンテンツを変えるとクリック率が変わりますが、電子メール広告(電子DM)でも差が出るのでしょうか?電子メールの全文を使って商品/サービスをプロモーションする「iMiネット」をテストツールとして、メールコンテンツの違いによるクリック率の差を調べてみます。

調査方法
同一サイトを紹介したコンテンツの異なる2種類の電子DMを同時発信し、それぞれのクリック率を測定します。コンテンツのプロモーションサイトは、トライコーン社のご協力により「ファーストニューズ」を対象とさせていただきました。性別・年齢で差があるサービスではないので、属性での絞り込みは行っていません。

  • 電子DM発信:富士通「iMiネット」の全文広告
  • 興味ジャンル:通信・インターネット
  • 発信対象者:メンバー全て
  • 発信数:各1,000通
  • 電子DM発信日:99年1月28日(木曜日)10-11時頃発信
  • クリック率集計日:99年2月16日(火曜日)
  • クリック測定方法:iMiネットクリックレポート
  • 対象サイト:「ファーストニューズ」トライコーン社が発行するホームページ紹介のメールマガジンサイト


比較コンテンツ
メールコンテンツAは、企業からのリリース文と似た原稿としました。それに対しBは、私信の電子メールというイメージを出すために、個人のキャラクタで語り掛ける感じにしてサービスへの登録を誘っています。

A.リリース文タイプ
題名:ファーストニューズご紹介

B.ホームページ作成者のキャラクタで話し掛けるタイプ
題名:掘り出しもののサイトをキャッチ!



さて、結果は...
次に進む


ネットビジネスの最新動向は、「サイバービジネスの法則集お知らせメール(登録無料)」でお届けしています。受託調査、コンサルティング、講演も行っていますのでお問い合わせください。