GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ケーススタディ


効果的なバナー広告とは


効果的なバナー広告にはどんな法則があるのでしょうか?デザインを変えた3種類のバナー広告を使って、バナー広告のテクニックを調べました(97年12月作成)。

調査方法

iMiネットのメンバー募集バナー広告で実験しました。同じ媒体に3種類のバナーを表示し、そのクリックスルー率を調査しました。

  • 日程:1997年11月21日(金曜日)-22日(土曜日)
  • 露出:3種類バナーを均等に表示(計3万インプレッション)
  • バナー:468×60,12KB,アニメーションGIFループ3回迄


デザインコンセプト

基本となるAタイプに、バナー作成のテクニックを加えたB、Cタイプを作成しました。

Aタイプ
今まで使ってきた、キャラクターのアニメーションが入ったオーソドックスなもの。以前サーチエンジンに掲載した時のクリックスルー率は1.5%でした。


Bタイプ
Aタイプを「絵」的に強調したもの。

-お得感を絵で表現
-「ここをクリック」を追加

Cタイプ
Aタイプからキャラクターアニメーションを取り、文字のアニメーションに変更。

-キャラクーターアニメーションなし
-「ここをクリック」を追加
-バナー広告の回りを青線で囲み、リンクを強調


さてクリック率は?
次に進む


ネットビジネスの最新動向は、「サイバービジネスの法則集お知らせメール(登録無料)」でお届けしています。受託調査、コンサルティング、講演も行っていますのでお問い合わせください。