GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ケーススタディ


プレゼントはアクセス増に効果があるか?


最近、アクセス数を増やすためにプレゼントを行っているホームページが多く見うけられます。では実際、プレゼントを行うとアクセス数はどれくらい増えるのでしょうか?テレカプレゼントを行ったホームページをケーススタディにして、その効果を分析してみます。

プレゼント
プレゼントは「タッチおじさんのテレホンカード」を抽選で30名様。車のプレゼントも続出する懸賞ホームページでは、やや埋もれてしまう内容かもしれません。プレゼントの告知は懸賞ホームページで行いました。ほとんどのページに掲載をお願いしましたが、「トクトクページ」には掲載されませんでした。やはりテレカだけでは魅力がないのかもしれません。

・プレゼント内容
タッチおじさんのテレホンカードを抽選で30名

・スケジュール
1997年5月17日 各種プレゼントページに登録
1997年5月18日 応募始まる
1997年5月31日 応募締め切り

アクセス数
プレゼント専用ページを作りアクセス数を調べました。応募期間のアクセスは2,719ページビューで、応募総数は2,170名となりました。一人で複数応募された方もいた関係で、アクセス数より応募数が多くなった日もあります。また、プレゼント情報を知った場所は「CSJプレゼント」が一番多かったようです。プレゼント告知には応募期間が明記してありましたが、期間終了後も若干アクセスしてくる人がいます。

アクセス数の推移
日付曜日アクセス応募数
5月18日3219
5月19日342274
5月20日619486
5月21日334248
5月22日245226
5月23日158120
5月24日13792
5月25日156114
5月26日13399
5月27日13897
5月28日95134
5月29日9572
5月30日11397
5月31日12292
6月1日61
6月2日56
6月3日24
6月4日24
6月5日22
6月6日27
6月7日15
6月8日17
合計2,9652,170

アクセス数はページビュー

掲載してくれた懸賞ページ (ジャンプ数の多い順)
順位PVページ名称
1542CSJプレゼント
2285NTT DIRECTORY
3284プレゼント情報正夢
4124プレゼント大王
5117懸賞パラダイス


広告効果
電子メールニュース媒体への有償広告(10万円)を基準にしてその効果を計算すると、今回のプレゼントは約16万円の広告効果、と言えます。直接経費はテレホンカード30枚と送料の約2万円ですから、手間をかけなければプレゼントは効果的なプロモーション手段になっています。

・プレゼントと広告の比較
電子メール媒体の広告(10万円):1,800ページビュー
テレカプレゼント (約2万円):2,965ページビュー


ネットビジネスの最新動向は、「サイバービジネスの法則集お知らせメール(登録無料)」でお届けしています。受託調査、コンサルティング、講演も行っていますのでお問い合わせください。