GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. オピニオン >
  4. 避けられない異常気象への対応 地域レベルの予測技術向上を

避けられない異常気象への対応 地域レベルの予測技術向上を

2016年10月20日(木曜日)

(注)本記事は、Kyodo Weekly(2016年10月10日号)(株式会社共同通信社)に掲載されたものです。

2015年末、世界190以上の国々が集まり、異常気象の原因となっている地球温暖化を食い止めるための国際枠組み「パリ協定」を採択した。災害対策の研究が進む日本だが、長期的影響までを考慮した適応策を決めるのは難しい。ただ、これまでの研究の蓄積を生かしながら、地域レベルで災害発生の予測技術力を向上させる取り組みなどが早急に求められる。

「避けられない異常気象への対応 地域レベルの予測技術向上を」 (672 KB)
『Kyodo Weekly(2016年9月26日号)』

関連サービス

【調査・研究】


加藤 望(かとう のぞみ)
株式会社富士通総研 経済研究所 上級研究員
2005年 米国デラウェア大学大学院修士課程修了(エネルギー・環境政策学)。NPO法人環境エネルギー政策研究所、公益財団法人 地球環境戦略研究機関を経て、2012年 富士通総研入社。
研究員紹介ページ