GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. オピニオン >
  4. 地域医療構想の推進に向けて 3つの視点と方向性

地域医療構想の推進に向けて 3つの視点と方向性

2016年10月3日(月曜日)

※本記事は、Kyodo Weekly(2016年9月26日号)(株式会社共同通信社)に掲載されたものです。

都道府県では、団塊の世代が後期高齢者層に移行する2025年に向けて、地域の在るべき医療提供体制のビジョンである地域医療構想を策定することが求められている。推進に当たっては(1)将来の病床の必要量に関する前提条件(2)回復期を中心とした医療機能別の方向性(3)在宅医療の見通しなどについて、関係者間での認識を共有していくことが重要となる。

「地域医療構想の推進に向けて 3つの視点と方向性」 (658 KB)
『Kyodo Weekly(2016年9月26日号)』

関連サービス

【公共】
行政機関は、国民・住民の生活、福祉の向上に向けて、さまざまな課題を解決する必要があります。多くの経験に基づく知見やノウハウをもとに、国、地方自治体、関連団体など行政機関の抱える課題解決を支援します。


赤田 啓伍

赤田 啓伍(あかだ けいご)
株式会社富士通総研 公共事業部シニアコンサルタント
2007年3月 千葉大学法経学部総合政策学科卒業、2009年3月 東北大学大学院法学研究科公共法政策専攻(公共政策大学院)修了、2009年 株式会社富士通総研入社(公共事業部配属)。主に保健・医療・福祉政策や行政経営分野の調査研究およびコンサルティング業務に従事。