GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. オピニオン >
  4. 電子書籍ビジネスの鍵はプラットフォーム

電子書籍ビジネスの鍵はプラットフォーム

2010年6月2日(水曜日)

5月末にわが国でもアップルのiPadが発売され、電子書籍に関する話題がメディアを賑わせるようになってきました。アメリカではすでに実用段階に入っている電子書籍ですが、そのきっかけはAmazonのKindle(キンドル)が広く普及したことです。

Amazonが、最初のKindleをアメリカ国内で販売したのは2007年11月のことでした。Kindleは、電子ペーパーの一種であるE-Inkを使うなど、技術的にはそれまでに発売されていた端末とあまり変わりませんが、3Gの無線ネットワークでKindle Storeという配信プラットフォームから直接コンテンツをダウンロードできる点が大きな違いです。2009年10月には日本を含む世界100カ国以上でも販売を始め、AmazonのCEOベゾス氏によると、印刷版と電子版の両方を販売している作品では、印刷版10に対してKindle向け電子版が6の割合で売れているそうです。

Kindle

Kindleが成功した理由は、端末の魅力というよりも、Kindle Storeという配信プラットフォームにあります。Kindle Storeには、書籍だけでなく雑誌や新聞なども含めて42万種類もの豊富なコンテンツが揃っており、ユーザーは毎月通信料を払う必要もなく、いつでもどこでも自分の欲しいコンテンツをダウンロードしてすぐに読むことができます。日本では、PC向けや携帯電話向けに電子書籍やコミックを配信するサイトがありますが、利用できるコンテンツには偏りがあり、市場は広がっていません。一方、アメリカでは、iPadでもiBook Storeという電子書籍・雑誌などの配信プラットフォームが利用できるようになっています。KindleやiPadは、プロダクト・イノベーションというよりは、配信プラットフォームを含めたビジネスモデル全体のイノベーションであるということができます。

わが国では、出版に関する業界の構造がアメリカとは違うこともあって、いますぐに電子書籍が爆発的に普及するということはないでしょう。しかし、iPadの発売以来、有名作家の新刊がiPadのアプリで発売されたり、iPadやiPhone向けの雑誌を含むコンテンツの配信サービスが登場したり、ソニー、KDDI、凸版印刷と朝日新聞社が電子書籍配信のための新会社設立を発表したり、さまざまな動きが出てきました。このようにビジネスモデルが変わろうとしているとき、ビジネスの成功要因として重要なのが、やはり配信プラットフォームのあり方です。誰がプラットフォームを運営するのか。プラットフォームはオープンにすべきなのか。コンテンツの価格付けはどうするか。いかに補完プレイヤーを巻き込んで、大きなエコシステム(生態系)を作り上げるか。他のプラットフォームとの関係をどうするか。取引情報などプラットフォーム上を流通するデータから、いかに付加価値を生み出すか。

私たちは早稲田大学の根来龍之教授とともに、このようなプラットフォームビジネス特有の問題について調査研究を行ってきました。また、ビジネスモデル・イノベーションも重要な研究テーマのひとつです。今後も、調査研究の成果をさまざまな形式で発信していく予定です。

注釈

Kindleイメージの出所 : http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-mediaKindle

関連情報

【これまでの成果の例】
特別企画コンファレンス「情報プラットフォームが企業活動を変える」(2009年3月24日)
研究レポート「インフォミディアリの再定義と 消費行動・企業経営へのインパクト」(2009年4月)

【現在の研究テーマ】
プラットフォームビジネス
ビジネスモデル・イノベーション

関連サービス

【調査・研究】
富士通総研には産業系シンクタンクとしての長年に渡る調査・研究・分析の実績があります。さらに、コンサルティング・サービスを通して培ったノウハウで「お客さまの現場で役立つリサーチ・サービス」を実現してきました。


浜屋 敏(はまや さとし)
経済研究所 主任研究員
1986年 京都大学法学部卒業、富士通(株)入社、(株)富士通総研へ出向。1993年 米ロチェスター大学経営大学院卒業(MBA) 。2003年~早稲田大学大学院 商学研究科 非常勤講師。
専門領域は、インターネットビジネスや電子商取引の動向、ITが企業経営や産業構造に与えるインパクト、IT投資と組織アーキテクチャ・生産性の関係。
最近の著書・論文に「手にとるようにウェブ用語がわかる本」(かんき出版、編著)、『mixiと第二世代ネット革命』 (一部執筆)東洋経済新報社 2006年9月、「CGMと消費者の購買行動」(富士通総研 研究レポート)など。