GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. コンサルティングNEWS >
  4. 新たなメディア市場における新規事業企画検討

新たなメディア市場における新規事業企画検討

河合 慧

2009年9月14日(月曜日)

富士通総研では、通信・メディア業界等のお客様に向けて、新規事業企画検討コンサルティングを行っております。本稿ではA社様に対し、「次世代情報配信のあり方」をご検討させていただいた内容について、ご紹介いたします。

ライフスタイルが多様化している昨今において、携帯電話・インターネットからニュース情報を取得し、新聞を読まない層が増えています。このような時代の流れの中で、新聞各社には事業展開モデルの転換が求められています。私どもは、A社様の事業モデル転換の一環として、「次世代情報配信のあり方」検討のお手伝いをさせていただきました。

本検討では、先端技術動向の把握、ユーザーニーズの抽出、ビジネスモデル構築、トップインタビューの4点の活動を実施しました。

  1. 先端技術動向の把握
    ネットワーク、端末、プラットフォーム、アプリケーション等、幅広く先端技術を分析し、キーとなる技術をマッピング
  2. ユーザーニーズの把握
    アンケート調査、グループインタビューの実施から得た回答結果をもとに、現代人のメディアへの接し方を分析
  3. ビジネスモデル構築
    欧米だけでなく新興国も含めたビジネスモデル・サービスモデルをもとに、ビジネスモデル案を構築
  4. トップインタビュー
    新聞各社の経営トップに対してインタビューを行い、ビジネルモデルをブラッシュアップ

以上4点の活動により、メディア業界においてユニークなビジネスモデルを提唱。本ビジネスモデルを用いてA社様顧客の経営トップ攻略をご支援し、新規商談発掘につなげる事ができました。

私どもは市場で求められているものを分析し、新たな収益源を生み出す「新規事業企画検討コンサルティング」をご提供しております。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

関連情報

コンサルティング事例:日本放送協会(NHK)様

関連サービス

【新規事業(ビジネス・クリエーション)】

富士通総研の新規事業コンルティングは、イノベーションによる新しいビジネスモデルの構築を支援いたします。

【情報通信】

富士通総研では、先端的な技術や市場動向を踏まえ、グローバルに通用する新サービスを創造する「事業創造コンサルティング」サービスを提供しています。