GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. コンサルティングNEWS >
  4. 環境負荷低減と経済価値向上の両立を支援する環境経営ソリューション

環境負荷低減と経済価値向上の両立を支援する環境経営ソリューション

シニアコンサルタント 遠藤 亘

2009年2月23日(月曜日)

去る1月23日、富士通は「環境経営トップセミナー2009」を開催し、そこで弊社常務取締役 伊藤大挙が「経営の視点で環境活動を捉えたフレームワークの提案」というテーマで特別講演を行いました。

それに伴い、富士通と富士通総研は「環境負荷低減と経済価値向上の両立を支援する環境経営ソリューションの提供」についてプレスリリースを行いました。以下その内容についてご説明させていただきます。

【概要】

さまざまな環境問題が地球規模で深刻化する中、持続可能な社会の構築に向けた取り組みは人類共通の課題であり、企業にとっても重要性が増しています。企業の環境への取り組みでは、現場での環境負荷低減活動や法規制を始めとし たリスク対応だけではなく、経営戦略と一体となった活動を行い、企業の成長に結びつけていく環境経営を実現することが、今後重要な課題となります。

富士通グループは、このような課題を解決するために、経営の視点でお客様の環境活動を評価し、改善提案を行うコンサルティングサービスを新たに提供します。化学物質管理や物流の効率化などを支援する環境業務ソリューションと併せて提供することで、環境負荷低減と経済価値向上の両立を目指し、環境経営の継続的な高度化を支援します。

新規提供するコンサルティングサービスは、富士通総研が開発した「環境経営フレームワーク」(後述)を活用し、環境経営における6つの構成要素に基づく約100の評価項目に沿って評価します(「環境経営評価・改善コンサルティング」)。また、環境保全活動を業務プロセスのフェーズごとに診断、課題を顕在化させ、解決に向けた環境業務ソリューションを提案します(「環境保全活動評価・改善コンサルティング」)。

【環境経営ソリューションの枠組み】

【環境経営フレームワークについて】

「環境経営フレームワーク」は、“戦略”“報告の信頼性”“業務の有効性・効率性”“コンプライアンス”を目的とし、これらを達成するための施策となる構成要素を、“環境経営基盤”“環境活動の評価と対応”“環境保全活動”“情報と伝達”“モニタリング”“ITへの対応”の6つに分類し、環境経営を統合的に捉えるための枠組みです。

このフレームワークは、COSO-ERM(*)のフレームワークを基礎としており、環境経営を内部統制やリスクマネジメントのアプローチで実現することを表しています。

【環境経営フレームワーク】

フレームワーク導入の狙いとして、以下の項目が挙げられます。

  • 環境戦略と経営戦略の一致
  • 環境活動の網羅的な提示、経営の視点での継続的活動(PDCA)の促進
  • 全社横串の統一的な活動による環境活動の効率性と信頼性の確保
  • 活動状況の体系的明確化、環境課題や規制などの変化に対する柔軟な対応

また、このフレームワークの特長として、以下の項目が挙げられます。

  • 将来のリスクマネジメントへの容易かつ柔軟な展開による経営力強化
  • 全社、サイト(事業所や店舗など)、現場といった各領域での共通理解と実践による環境ガバナンスの統一性
  • 「ITへの対応」の構成要素としての採用、環境活動を支える情報基盤の重要性明示

【新規提供するコンサルティングサービスについて】

1. 「環境経営評価・改善コンサルティング」

「環境経営フレームワーク」に則し、お客様の環境活動を統合的に評価し、改善提案を行うコンサルティングを実施します。「環境経営フレームワーク」の6つの構成要素に基づく約100の評価項目に沿って、法規制などへの対応状況、業界の標準レベル、経営への経済的インパクト、社内実施レベルの統一性などの視点によって評価します。さらに評価結果に基づき、経営の視点から改善についてのコンサルティングを実施します。

2. 「環境保全活動評価・改善コンサルティング」

環境経営フレームワーク」の構成要素のうち、環境保全活動に特化したコンサルティングサービスです。お客様の取り組むべき環境保全活動におけるリスクを、研究開発、調達、生産などの業務プロセスのフェーズごとに洗い出した上で、現状の活動の効率性や確実性などを評価し、課題に対する改善提案を行います。

上記のコンサルティングサービスを4月1日からお客様に向けてご提供していく予定ですが、本格提供の前にも本サービスにご興味がありましたら、お気軽にお声をお掛け下さい。

注釈

* COSO-ERM : COSO Enterprise Risk Management-Integrated Framework
米国のトレッドウェイ委員会組織委員会(COSO)が公表したエンタープライズ・リスクマネジメントの為のフレームワーク。