GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. IdeaTank for Financial Services >
  4. 2013年 >
  5. 貧困問題の解決に役立つモバイルバンキングサービス

貧困問題の解決に役立つモバイルバンキングサービス~Visaが提供するUnbanked向け金融サービス~

2013年2月25日(月曜日)

日本では、成人であればほとんどの個人が銀行口座を保有していますが、世界に目を向けると、銀行口座を持たず、その日に得た現金のみで生計を立てる人々が多数存在します。彼らは「Unbanked」と呼ばれ、世界銀行の調査によれば、全世界に25億人以上存在するといわれています。こうしたUnbanked層に対して、近年、公的な性質を持った団体が中心となってサービス提供を行う動きが出ています。2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が代表を務めていたグラミン銀行などはその際たるものです。一方、アフリカで利用されている携帯送金サービスM-Pesaのように、通信事業者が中心となって簡易な決済インフラを提供するケースも増えてきています。先日、こうしたUnbanked層向け金融サービスを、世界最大の決済ネットワーク事業者であるVisaが提供すると発表し、注目を集めています。

Visaが提供するモバイルバンキングサービス

Visaが提供するUnbanked層向けサービスは、インドの大手銀行ICICI Bankとインドの通信事業者Aircel社から「Mobile Money」という商品名で提供されます。同サービスは、モバイルバンキングサービスであり、利用者の携帯電話番号そのものを口座番号とし、ATMや代理店を介した口座への入出金や他者への送金、更にはVisaブランドのクレジットカードを受け入れている小売店での決済にも対応します。利用者は、ICICI Bankの口座保有者に加え、銀行口座を保有していなくともAircel社と契約した携帯電話を所有していれば利用可能となります。

Mobile Moneyでは、その画面デザインの設計から利用者の登録、サービス利用時の手数料管理、決済インフラ提供、そしてセキュリティ管理までをVisaが手がけています。つまり、ICICI BankとAircelは単にVisaが提供するモバイルバンキングサービスの基盤をそのまま活用しているのです。これにより、Visaという世界的な決済ブランドが提供する信頼性の高い、安全なサービスをUnbankedに属する人々であっても利用できることとなります。

モバイルバンキングが貧困問題の解決に寄与する?

Visaとしては、開発したモバイルバンキングサービスの基盤を今後もアフリカや中東、アジアといったUnbanked層を多く抱える国々で提供していく予定です。既にルワンダにある2行と契約し、同様のサービスが提供される予定です。前述のように、アフリカをはじめとしたUnbanked層を多く抱える国々では、すでに携帯電話のSMSを活用した送金サービスが一般化しており、実際の現金流通の多くを占めるまでに発展しています。例えば、M-PESAはケニアを中心に広く普及しており、今やケニアでは成人の68%が利用するサービスとして成長しており、銀行口座を持たない多くの人々にとって重要な決済インフラとなっています。

携帯電話は途上国においても急速な勢いで普及しています。携帯通信事業者の業界団体であるGSMAが2011年に行った調査によれば、アフリカ諸国での携帯電話普及率は60%を超え、多くの国々で主要な通信インフラとなっています。一方、アフリカ諸国のUnbanked層は、正確な数値は判明していないものの80%前後であるといわれています。10億人を越えるアフリカ諸国の人口に当てはめると、6億人以上が携帯電話を所有する一方、銀行口座を持つ人々は2億人に止まることとなります。Visaは、金融機関や通信事業者にとって導入が容易なモバイルバンキングサービスを提供することで、25億人もの潜在顧客を抱え、今後の成長が期待できるUnbanked層向け市場において、ビジネスの拡大を目指していると考えられます。

携帯電話というデバイスが必要とはいえ、これまでUnbanked層であった人々は、このようなモバイルバンキングサービスを利用することで簡単に銀行口座を保有することができます。銀行口座の保有により、より安全な方法で貯蓄が可能となり、また、非常時にはお金を借りることができます。途上国では、成人の11%以上が緊急事態や病気治療のために借金を抱えています。また、その80%以上は借入先として非正規の貸金業者しか利用できず、正規の業者に比べて高金利での金融サービスを受け入れざるを得ない状況にあります。Visaという世界最大の決済事業者がこうした運用基盤を広く世界各地で提供することで、多くの国々でUnbanked層が金融サービスを利用することとなり、彼らの生活が改善していくことにつながっていくかもしれません。

(シニアコンサルタント 松原義明)

参考リンク

ICICI Bankによるプレスリリース(2013年2月5日) : http://www.icicibank.com/aboutus/article/aircel-mobile-money.html

世界銀行が発表したUnbankedに関するプレスリリース(2012年4月19日) : http://www.worldbank.org/ja/news/press-release/2012/04/19/new-database-shows-three-quarters-of-worlds-poor-are-unbanked