GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. IdeaTank for Financial Services >
  4. “ムカつかない銀行サービス”Simpleの開業

“ムカつかない銀行サービス”Simpleの開業 ~銀行代理店による機能特化型金融サービスの誕生~

2012年8月20日(月曜日)

昨今、金融機関に対する信頼性が世界中で大きく低下しています。2008年のリーマンショックから続く一連の金融危機や、最近明るみになったLIBORの不正操作スキャンダルは、大手銀行に対する信頼性を大きく失墜させました。また、業績不振に伴いサービスの手数料を一方的に引き上げるといった対応は、多くの顧客の反発を招いています。一方、こうした風潮に対抗する形で顧客に信頼される新形態の銀行を開業しようという動きが出ています。2012年8月には、 “Simple”という名称で “ムカつかない銀行サービス”をコンセプトとした新形態の銀行が米国で試験的に開業しました。

“ムカつかない銀行サービス”Simpleの特徴

Simpleは、創業者の一人であるJoshua Reichが自分の預金を預けていた銀行で “ムカついた”体験をしたことから作られた銀行です。米国の銀行では、顧客に対して様々な手数料を徴収することが一般的であり、中には、預金残高が最低金額を下回った場合に高額の手数料を徴収する場合があります。Joshua Reichも預金残高が維持できずに高額の手数料を徴収された体験をしており、こうした体験がSimpleを開業する契機となっています。Simpleでは、他行と比べて低い預金金利が設定されていますが、代わりにほぼ全てのサービスを手数料無料で利用できます。また、Simpleでは、リアルな店舗を一切持たず、スマートフォンとVisaデビット一体型のキャッシュカードのみで利用できます。キャッシュカードは全米43,000あまりの提携ATMにおいて手数料無料で利用でき、また、提携ブランドであるVisaが使える店舗でも利用できます。そして、スマートフォンの画面は、シンプルでわかりやすい操作性が追求されており、利用者は、いつ、どの費目に、どれだけの金額を使ったのかが一覧でわかります。画面の開発には、Twitterの共同開発者であったAlex Payneも関わっており、洗練されたデザインとなっています。

Simpleのビジネスモデル

このように、顧客の利便性を徹底的に追求したSimpleですが、実は米国で銀行開設の必要要件である連邦預金保険機構(FDIC)の認可を受けていません。つまり、Simpleは銀行そのものではなく、銀行に代わって顧客のフロントに立ってサービスを提供するいわば“銀行代理店”なのです。Simpleでは、実際の預金は彼らのパートナー銀行であるThe Bancorp BankとCBW Bankに預けられます。Simpleは顧客に無料で使いやすいサービスを提供する代わりに一般の銀行よりも低金利で預金を集め、この低金利の預金をパートナー銀行が運用し、運用益をSimpleとパートナー銀行で分け合うビジネスモデルとなっています。つまり、Simpleで提供されている預金やデビットカードといった金融商品は全て提携パートナーから提供されているのです。

銀行代理店サービス誕生の可能性

こうしたSimpleのビジネスモデルは、何事にも手数料を徴収し、サービスレベルの低い米国でこそ成立するように思われます。確かに日本の金融機関の場合、預金の残高維持といった名目で手数料を徴収する金融機関は少なく、米国と比較してそのサービスレベルが低いと感じることは少ないでしょう。しかしながら、ここで重要となるのは、Simpleが本当の銀行ではなく、“銀行代理店”として開業した点です。Simpleでは、日常の取引において、顧客に対していかに心地良い経験を与えるかに特化してサービスを展開しています。代わりにそこで提供される商品は提携パートナーに依存しています。つまり、他行と差別化できる領域である顧客接点に特化して顧客への価値訴求を図っているのです。このように自社の差別化領域に特化して価値を訴求する手法は他業態では珍しくありません。例えば、Appleでは、企画と流通だけを自社で担い、製造は海外メーカーに任せるなど機能分化が発達しています。日本でも2006年より一般事業者が銀行代理業に参入することが認められています。Simpleのように顧客接点に機能を特化して価値訴求を図るビジネスを行うことも可能ですが、一般的ではありません。消費者の価値観が多様化し、一つの企業がその商品企画から開発、提供までを一貫して担うのが困難となる中、金融業界でも機能特化型のビジネスモデルが今後、受け入れられていくかもしれません。

(シニアコンサルタント 松原義明)

参考リンク

Simple: https://www.simple.com/

ロサンゼルスタイムズ記事 : http://articles.latimes.com/2010/jul/07/business/la-fi-bank-simple-20100627

Finovate ブログ記事 : http://finovate.com/2012/07/simple-begins-on-boarding-customers-loses-cto-alex-payne.html