GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. IdeaTank for Financial Services >
  4. 金融系ITベンチャーカンファレンス “Finovate Spring 2012” 参加報告(2/2)

金融系ITベンチャーカンファレンス “Finovate Spring 2012” 参加報告(2/2) ~ソーシャルメディア、ビッグデータを活用した最新金融サービス~

2012年6月4日(月曜日)

Finovate参加報告の第2回では、ソーシャルメディアやビッグデータという現在注目されている技術をうまく取り入れ、サービスを提供しているベンチャー企業をご紹介いたします。

ソーシャルメディアを活用したカード不正請求検知サービス:BillGuard

米国では、クレジットカードの不正請求が多く、その金額は年間約70億ドルにも上るといわれています。また、こうした不正請求を個人がクレジットカード会社に対して証明する際には、いろいろと面倒な手続きが発生します。BillGuardは、ソーシャルメディアを活用してクレジットカードの不正請求を特定するソリューションです。利用者が自分の使用しているクレジットカードをBillGuardのサイト上で登録すると、BillGuardはその取引データをチェックし、不正請求であると思われる取引項目を通知します。BillGuardでは、他の利用者の取引データに加え、併設されたオンラインフォーラム上でのユーザー同士の不正請求に関する書き込み、更にはFacebookやTwitter上の書き込みをチェックして、不正請求の疑いが強い取引を特定します。利用者は、BillGuardのサイト上から不正請求の疑いが強いと指摘された取引項目をクレジットカード会社に問い合わせることが可能です。日本では、クレジットカードの不正請求自体が少なく、同様のサービスが成り立つかは疑問ですが、個人ではわかりにくい金融取引を、ソーシャルメディアの仕組みを用いてわかりやすく教える方法は大変有効ではないでしょうか。

クラウドファンディング型のビジネスローン提供プラットフォーム:SoMoLend

Kickstarterの成功や類似サービスの立ち上げにより、日本でもクラウドファンディングが注目を集めています。 SoMoLendは、地域で起業を考えている事業者や既にビジネスを行っている事業者に向けて、既存の金融機関に代わる、新たな、そして安定的な資金調達プラットフォームを提供することを目的としています。事業者は、必要な資金額とビジネスの概要に加え、これまでのビジネス実績やクレジットスコア、既存のローン残高といった情報が求められます。投資家は、住所や連絡先といった基本情報に加え、どの地域の事業者にどの程度の投資が行えるかといった情報を入力し、地域性を重視して事業者に投資を行うことができます。SoMoLendは、Finovateでの発表後すぐに117万ドルの投資を受けており、Finovateでサービスを発表することがいかに影響力を持っているのかがわかります。

クレジットカードの購買履歴より利用者に最適なオンラインクーポンを発行:Cardlytics

グル―ポンに代表されるクーポンサービスは日本でも一般化し、むしろ類似のサービス業者が乱立している感さえありますが、米国の金融ベンチャーでは、金融機関の顧客データを活用し、より利用率の高いクーポンサービスを提供することで既存のクーポンサービスと差別化を図ろうという動きが出ています。Cardlyticsが金融機関向けに提供するソリューションでは、金融機関が提携小売店より受け取った条件とオファー内容を基に、その条件に最も見合う顧客にクーポンを提供します。例えば、金融機関は提携小売店より、「月に5回以上利用するが、1回当たりの利用額が10ドル以下の顧客」という条件と、「条件に当てはまる顧客が10ドル以上使えば、購入金額が25%OFFとなるクーポンを発行する」というオファーを受けたとします。金融機関は、Cardlyticsのソリューションを活用し、顧客の購買データから、上記の条件に見合う顧客を抽出し、その顧客のクレジットカードのオンライン利用明細上にオファーを提示します。利用者はオファーをクリックして申込み、対象の小売店でクレジットカードで決済を行うと自動的に特典が受けられます。利用者にとっては、より利用頻度が高いクーポンが提供され、小売店にとっては、優良顧客となる可能性の高い利用者を集客できます。また、クレジットカードと連動することでカード自体の利用率も高まります。米国では同様のサービスを提供する金融ベンチャーが複数登場しており、現在最も注目を集めている分野の一つとなっています。

以上、ご紹介したように米国の金融ベンチャーでは、ソーシャルメディアやビッグデータといった最新の技術を単に取り入れただけでなく、それらを活用して利用者にとってより使いやすいサービスを提供しようという動きが出ています。これらのビジネスに共通していることは、既存の金融サービスを少しでも使いやすいものにしたいという“利用者目線”での発想です。金融サービスのイノベーションは、既存の金融サービスを利用者目線で今一度捉えなおす所から生まれるのかもしれません。

(シニアコンサルタント 松原義明)

参考リンク

Finovate : http://www.finovate.com/

BillGuard : https://www.billguard.com/

SoMoLend : http://www.somolend.com/

Cardlytics : http://www.cardlytics.com/

関連リンク

金融系ITベンチャーカンファレンス “Finovate Spring 2012” 参加報告(1/2) ~ ライフスタイルの見直しをサポートする金融サービス ~