GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. コラム >
  3. IdeaTank for Financial Services >
  4. 金融系ITベンチャーカンファレンス “Finovate Spring 2012” 参加報告(1/2)

金融系ITベンチャーカンファレンス “Finovate Spring 2012” 参加報告(1/2) ~ ライフスタイルの見直しをサポートする金融サービス ~

2012年5月25日(金曜日)

Facebookの上場などITベンチャーの華々しい活躍が伝えられる米国では、金融とITを掛け合わせて新たなビジネスを生み出そうという動きが活発です。今回は、こうした金融系ITベンチャーが一堂に会し、そのサービスについて発表するイベントであるFinovateの参加報告をお届けします。

Finovateは、金融系ITベンチャーがそのサービスを紹介するイベントであり、現在ではアメリカ(サンフランシスコ(5月)、ニューヨーク(9月)の年2回)、イギリス(ロンドン、2月開催)、シンガポール(11月開催予定)といった世界の各地域で実施されています。今回、弊社ではアメリカのサンフランシスコで開催されたFinovate Spring 2012に参加しました。Finovateの参加者には大手金融機関や金融系メディアに加え、ITベンダーやベンチャーキャピタルなども含まれます。良いサービスがあればその場で商談が進んだり、時にはベンチャー企業に対してその場で投資が決定されたりします。

サービスを紹介するベンチャー企業には、7分のプレゼンテーション時間が与えられています。その際、スライドを用いて説明することは禁止されており、実際の製品デモなどを通じてプレゼンテーションを行うことが求められます。Finovate Spring 2012では64の企業が参加し、決済サービス、家計管理サービス、ソーシャルメディアやビッグデータなど現在注目を集める技術と連携させたサービスなど、数多くのものが紹介されていました。こうした参加企業の中から、今回は利用者のライフスタイルの見直しをサポートする金融サービスをご紹介いたします。<図1>

カンファレンス会場と会場内の風景

<図1> カンファレンス会場と会場内の風景
(筆者撮影写真より)

個人向けエネルギー管理サービス:WattzOn

WattzOnは、Webサイト上で郵便番号と月々の光熱費の支払い額を入力することにより、エネルギーの利用状況を分かりやすく表示するとともに、利用者と似たような家庭でのエネルギー利用状況を比較し、省エネに向けたアドバイスを提供します。WattzOnでは、こうしたサービスを金融機関が自行のネットサービス上で提供することにより、利用者にとって付加価値の高いサービスを提供することができると提言しています。この他、利用者に最適な省エネ製品を提案し、提携する金融機関でローンが借りられる仕組み等も検討中です。今夏、電力不足が予想されている日本でも同種のサービスが必要とされるかもしれません。

貯蓄をするとポイントが貯まるネットサービス:SaveUp

米国では金融危機後、クレジットカード利用による過剰な消費を抑制し、貯蓄を推奨する動きが出始めています。こうした動きに目を付けたのがSaveUpです。SaveUpでは、利用者が自分の口座情報を登録し、貯蓄を行う、クレジットカードの債務を支払うといった行動をするとポイントを得ることができます。こうして貯めたポイントで利用者は様々な特典を受けることができます。既に米国の複数の金融機関がこの取り組みに参加しています。日本では、例えば「投資を行う」など金融機関の推奨するサービスについてポイントを付与することも考えられます。

いつまでに、どのように、なぜ、お金を貯めるのか教えてくれるサービス:iQuantifi

米国では、多くの金融機関が利用者の口座情報から家計を管理できるサービスを取り入れており、例えば、月々の収入と支出をグラフでわかりやすく表示したり、目標の貯金額まで後いくら必要なのかを表示したりできます。しかしながら、単に現在の資産状況を通知しただけでは、利用者は何をしてよいかわかりません。iQuantifiは、利用者が口座情報と支出計画を入力すると、いつまでに、どのような金融行動を行う必要があり、それは何故なのか?をわかりやすく教えてくれるサービスです。例えば、利用者が現在の貯蓄額300万円と、35歳で自家用車を、40歳で持ち家を購入したいという情報を入力すると、今後投資すべき金融商品とその投資期間が画面に表示され、そしてなぜその金融商品に投資すべきなのか、その理由が確認できます。

以上、ご紹介したように米国の金融ベンチャーでは、金融機関の利用者の目線に立ち、利用者のライフスタイルに踏み込んだサービスを提供しています。次回は、ソーシャルメディアやビッグデータなど現在注目されている技術を活用して利用者にとって使いやすい金融サービスを提供している金融ベンチャーをご紹介します。

(つづく)(シニアコンサルタント 松原 義明)

参考リンク

Finovate : http://www.finovate.com

WattzOn : http://www.wattzon.com

SaveUp : https://www.saveup.com

iQuantifi : http://iquantifi.com