GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング(トレンド) >
  3. グローバルWEBシステム構築支援サービス

グローバルWEBシステム構築支援サービス

グローバルWEBシステム構築支援サービス

グローバルWEBシステム構築支援サービス

グローバルで事業を展開する企業にとって海外でのブランディングやマーケティングは経営課題の1つであり、その中でWEBサイトをどのように活用するかは重要なテーマです。

2000年頃からWEBサイトのグローバル化の取り組みが進んでいますが、ここ数年は他言語対応やデザインの統一といった課題だけでなく、海外の各拠点に対するガバナンスの徹底、サイト運用の効率化WEBサイトの管理に関わる多くの部門間(広報・宣伝部門、情報システム部門、各事業部門等)の調整といった課題への対応が必要になっています。

自社の取り組みをリファレンスとしたサービス

富士通もグローバルに事業を展開する1メーカーとしてWEBサイトを重要なチャネルと位置づけ、様々な取り組みを実践しています。

M&Aでバラバラだったサイトのデザインやドメインの統一から始まり、昨今ではグローバルでのCMSの完全統一、グローバルマスターコンテンツの導入、サイト運用業務の見直し等を進め、情報発信のスピードアップ、一貫したメッセージの発信、効率的なサイト運用を図っています。

グローバルWEBシステム構築支援サービスは富士通グループの実践で得られたノウハウをベースとしています。

サービス内容

グローバルWEBシステム構築支援サービスは、富士通グループ各社と連携し、統合方針策定のコンサルティングからCMSの導入まで一貫した支援をいたします。

  • グローバルサイト統合方針策定
  • サイト群の構成設計
  • グローバルIA設計
  • グローバル観点でのユーザビリティ、デザイン設計
  • ドメインの体系化
  • ガイドライン作成
  • CMSの選定/導入
  • サイト運営業務設計
  • PMO支援

グローバルサイト構築を進める上で重要となる4つの観点

グローバルサイトを構築し活用するために考慮しなくてはならない4つの観点についてご紹介します。

関連コンテンツ

コンサルティングのご相談・ご依頼はこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。