GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. BtoBコンテンツマーケティングに必要なこと

BtoBコンテンツマーケティングに必要なこと

コンテンツマーケティングを実施する上において、いくつかのツールやシステムの助けが必要になります。

富士通株式会社で提供しているCMS(Contents Management System)の1つに「Sitecore CMS(サイトコア シーエムエス)」があります。「Sitecore CMS」はオンラインマーケティングを実現するために必要なコンテンツ管理・SEO対策・動的ページ作成・アクセス解析などの機能を備えています。よって効率的にコンテンツ作成から分析まで少人数体制でも実施できるようになります。

また自社製品(事業)を世界展開している企業向けには、「SDL Tridion」という製品もあります。グローバルで統一されたWebコンテンツを、迅速かつ多言語で配信・管理することで、グローバルレベルでのブランディング向上を実現します。

これ以外にも顧客管理システムとの連携、Email配信システム、ソーシャル投稿&監視機能等がコンテンツマーケティングには必要となります。

今、欧米では、BtoBコンテンツマーケティングを実施するために多くの企業が「マーケティングオートメーション(MA)ツール」というものを導入しています。日本でも2014年以降、海外製の「マーケティングオートメーションツール」が販売されるようになっています。

「BtoBの購買プロセスを把握した上でコンテンツ戦略設計」で述べたように適切なタイミングで適切な人に情報を提供するためには、人手で対応することは不可能です。来訪者の状態を把握し、タイミングよくメールを配信したりWebページを見せたりするにはシステムでコントロールする必要があります。これを担うのがマーケティングオートメーションツールです。

これから日本でも急速にマーケティングオートメーションツールの普及が進むでしょう。また今まで別々に管理していた営業の持つ顧客情報(一般的にはSFA(Sales Force Automation)と呼ばれる)と、マーケティング活動で獲得したリード(見込み顧客)を同期させ管理する必要があります。そのため、社内に存在する既存のデータベースの見直しを行わなくてはならない場合もあります。営業が持っている企業情報はリード(見込み顧客)から既存顧客までです。またリードだけ見ても、獲得方法はイベント会場で集めた名刺、セミナー出席者名簿、引き合い、電話からの問い合わせ等、様々です。またマーケティング経由では、ホワイトペーパーのダウンロード、ウェブ経由での問い合わせ等があります。既存の顧客情報とマーケティングデータをつなぐ際には以下のような課題が発生します。

  • 名寄せ(「富士通」「Fujitsu」などの表記揺れを揃える)
  • 企業と担当者の紐付け
  • 競合・対象外企業の排除
  • 優良企業かどうかの見極め
  • 担当営業との紐付け

これらの課題に取り組むには営業部門とマーケティング部門で細部まで情報共有し、一緒にプロジェクトに取り組む必要があります。

BtoBコンテンツマーケティングを実施する上で、必要なシステム環境の整備や準備、そして他部署間との調整の必要性について述べましたが、コンテンツマーケティングを含むデジタルマーケティングの全行程を理解し、物事を進めていくリーダーはWebマーケティング担当者であるべきです。これからのWebマーケティング担当者は、今までのWebマーケティング領域(Webの知識や広告、PR、個人情報等に関わる法律への知識等)を超え、SFAとのシステム連携、営業が欲しい顧客への理解、営業と協力(カバー)しながら売上を上げていく後方支援など、今まで以上に多岐にわたる対応力が求められます。現在そのようなポジションの担当者、担当部署がない企業においては設置することを検討した方がよいでしょう。

企業規模が大きくなれば全社を俯瞰するマーケティング部門が必要になってきます。各事業部が好き勝手にデジタルマーケティングを行っていると、同じ人のところに1日に何通も色々な製品のメールが送られていたということにもなってしまいます。

仕組みだけでなく体制、組織についても考えなくてはなりません。

関連リンク

関連サービス

関連セミナー

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせへの回答例
お客様からのお問い合わせとコンサルタントからの回答例です。ご相談をされる際は、是非ご覧ください。