GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FAQ(よくある質問)

生活者行動分析サービスDo-Cubeについて、お問い合わせの多い質問をご紹介します。

サンプリングについて

属性推定について

検索キーワードの選定支援について

検索機能について

分析機能について

サービス環境について

24万人は1日1回最新記事への更新をチェックしており、翌日には反映されます。

3か月単位で見直しています。記事の更新をされなくなった人や、属性が変化した人などを対象外にするとともに、新しく属性推定した候補者から補充しています。

2014年2月現在、予定はありません。長期的には、ブログ人口の推移をモニタリングしながら、規模や割合を変動させることを想定しています。

現在はAmebaブログを対象に収集しています。技術的には他のブログを対象にすることも可能です。

Twitterの場合は、記載内容が短いことから、推定精度が低い、有用表現に引っかかっても背景が書いていない、などのことが想定されるため、対象にはしていません。また、Facebookは公開されている投稿が少ないため、対象にしていません。

機械学習を用いて、属性がわかっている人のブログから、特徴的に発現するキーワードをルールとして学習し、そのルールを属性がわからない人に当てはめて推定しています。例えば、中高生のブログでは、テスト、部活、担任といったキーワードが頻出するということが学習によって判別できるので、中高生と書いていないブログでも、そのようなキーワードが頻出すれば、中高生であると推定できます。

プロフィールを自分で登録・公開している人を対象に、登録内容を隠したまま推定を行い、推定結果と実際に登録された属性を比較することにより、正誤を判断して精度を算出しています。

グルメ、お酒、カフェ、スイーツ、邦楽、洋楽、旅行・温泉、野球、サッカー、ゴルフ、ジョギング、ダンス、アウトドア、釣り、自転車、クルマ・バイク、ハンドメイド、ファッション、着物、ダイエット、ビューティー、お笑い、映画・テレビ、ドラマ、本、小説、演劇、神社、健康、禁煙、ボランティア、政治・経済、教育、資格・キャリア、習い事、ガーデニング、陶芸、パソコン・ネット、家電、節約、インテリア、ゲーム、アニメ・漫画、イラスト、鉄道、声優、コレクション、プラモデル、ギャンブル、育児、ペット の51分類です。

0から1の値をとり、1に近いほど趣味・興味度合いが強いことを意味します。具体的には、当該分野について、少しでも興味がある人を度合いが強い順序に並べたランキングの数値になります。詳細条件検索にて、上位X%以上・未満の人だけを検索対象に設定することができます。

過去にアンケート調査を行いましたが、ブログを開設している人と、そうでない人の間に、顕著な乖離は見られませんでした。

リタイアした(勤めていない)大人で、多くの場合、孫がいる人のブログを学習しているので、必然的にそのような人たちがシニアと推定されています。

論理的には学習データや地域名称データがあれば可能です。ただし、サービスとして対応することは想定していません。(詳細条件設定で東京・大阪・愛知・その他を指定することはできます。)

お菓子、食品、水・ソフトドリンク、お酒、ファッション、インテリア、クルマ・バイク、化粧品、楽器、家電の10ジャンルを登録しています。順次拡大予定です。

検索キーワードにヒットする記事群をサンプリングし、クラスタリングという手法を用いて、内容が似ている記事同士をグルーピングします。各グループごとに頻出する単語など、排除ワードとして適切なワードを抽出し、提示しています。

本サービス用に独自の検索エンジンを構築しています。

検索エンジンとしては略語対応していないので、OR検索で指定いただく必要があります。ただし、ジャンル辞書ではなるべく略語も登録しているので、辞書を使っていただくことで個別に指定することは避けられます。

辞書登録の機能はユーザーに提供していません。ご要望があればジャンル辞書への登録など、対応を検討します。

「どんな人分析」にて、過去12か月の月間の記事件数推移を出力しています。週次・日次の細かい変化は出力していません。

詳細条件にて設定いただけます。

記事や写真そのものをデータベース化しているわけではないので、ダウンロードはできません。元のブログ記事に飛んでいただく必要があります。

MicrosoftのIE9.0以降、Google Chrome、Mozilla Firefoxを推奨ブラウザとしています。

検索するキーワードのヒット件数やブラウザの種類、ネットワーク環境にもよりますが、デフォルトの検索条件で「どんな人分析」は数秒、「どうしてる分析」と「どうして分析」は10秒前後かかります。

申し訳ございません。ASPサービスでは、個別データ分析機能は提供していません。今後ご要望が多い場合には、サービス化を検討いたします。