GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 今、話題のコンサルティング(トレンド) >
  3. デジタルマーケティング >
  4. ビジネスインテリジェンススモールスタート

ビジネスインテリジェンススモールスタート

ビジネスインテリジェンススモールスタート

ビジネスインテリジェンススモールスタート

様々な企業活動のデジタル化が進む中、顧客との接点や行動情報、生産・販売等のオペレーションデータが活用可能となり、そのデータ活用の巧拙が企業の競争力を左右する時代となってきました。一方で、企業内のデータ活用は、これまでも多くの企業が取り組んできたテーマですが、実際の経営や業務にデータが活用できる状態にまで進めた企業はさほど多くないのではないでしょうか。

富士通総研は、これまでの経営情報の可視化、ビジネスインテリジェンス(BI)基盤導入、BICC(Business Intelligence Competency Center)立ち上げ支援の取り組み等の経験から、スモールスタートでのデータ活用スタート支援を行います。

スモールスタートアプローチ

これまでのデータ活用プロジェクトでは、データ活用開始までに時間を要し、スタート時のビジネス環境や経営層および業務部門の課題認識が変わってしまうことによりユーザーのニーズと合わないものになることがよくありました。また、データを活用しながら経営や業務上の判断を行う際に、具体的にどのようにデータを活用するかという要望に対して机上で検討しますが、実際のデータで見ると、その実態から要望が変わることも多々あります。

そのため、富士通総研ではセルフサービス型のBIツールを活用するスモールスタートアプローチを推奨しています。データ活用をスピーディに高度化するためには既存データの可視化とトライ&エラーが重要であり、その過程でユーザーのスキルや課題認識を高めていきます。また、実際の業務活用フェーズに素早く入り、業務での実践からフィードバックを吸収・反映することによって、真に有効なデータ活用の実現をご支援します。

スモールスタートアプローチは、短期間でトライ&エラーしながら業務に活かせるデータ活用要件を具現化していきます。

セルフサービスBI(Tableau)とは

企業が持つ多種多様なデータをビジネスの現場で活用するために、分析の専門家ではない人員でも簡単な操作で視覚的に集計・分析を行う事ができるツール。

ご支援サービス

データ活用のスタートを加速すべく、スタート支援コンサル、基礎・応用活用教育をスモールスタートフェーズで、また活用開始後も、運用支援サービスをご提供します。

データ活用スモールスタート支援、データ活用教育、データ活用スタート後の活用推進支援などのサービスをご提供します。

コンサルティングのご相談・ご依頼はこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。