GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

今、話題のコンサルティング

サイバーセキュリティ

サイバーセキュリティ

デジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、サイバーリスクへの対応はビジネスにおける最重要の経営課題の1つとなっています。富士通総研では、ビジネス視点のリスクアセスメントにより、脅威や守るべき情報資産、その脆弱性の可視化から、グループセキュリティガバナンスの構築、セキュリティ業務の設計や規程整備、プライバシー保護・データ保護といった課題解決型のコンサルティングからサイバー攻撃へのレジリエンス体制構築、ICT-BCPなど、有事への備えを支援するコンサルティングまで幅広く社会および組織のセキュリティ・レジリエンス強化をご支援します。

コンセプト

【セキュリティ・レジリエンス (Cyber Security & resilience)】
セキュリティはこれまで防御に対する取り組み、いかに防ぐかといった議論、対策がされてきましたが、近年は攻撃が高度化し、さらに常に変化することで、防御の困難性が広く認識されるようになりました。いわゆる事故前提社会の到来です。
事故前提社会においては、侵入前提でいかに備えるかが重要となります。これがレジリエンスの取り組みです。サイバーリスクに対するレジリエンスは、「検知」・「対応」・「復旧」から成り、この3つのサイクルを短期化することで、ネガティブコストを抑制します。これがレジリエンスの向上です。

【図】サイバーリスクの発現を前提としたレジリエンスの向上
【図】サイバーリスクの発現を前提としたレジリエンスの向上

オピニオン・レポート

サービスメニュー

イベント・セミナー

セキュリティプライベートセミナー

経営アジェンダとしてのサイバーリスクマネジメント~サイバーBCPからNIST基準、リスクトレンドの解説まで~

サイバーインシデント対応模擬演習

サイバーインシデント発生時に求められる情勢判断や意思決定等の インシデント対応を体感するプログラムです。

関連レポート

コンサルティングのご相談・ご依頼はこちら

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お客様総合窓口

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。