Skip to main content

English

Japan

銀行次世代店舗 フェーズ3 「開店準備」

検証データ取得の準備

出店後、店舗や在籍するスタッフ個人に課せられている数値目標の達成状況をモニタリングしますが、その際に必要になる定量情報(データ)の取得方法を検討し、決定します。

業務を行う中で自然とデータが取得できることが望ましいのですが、モニタリングのためのデータの蓄積、報告にかかる作業が必要になるものも出てきます。その際は、なぜその報告が必要なのか、報告結果が何に使われるのかについて現場によく理解させ、報告の協力を得ることが求められます。

これに合わせて報告に必要なツールの準備も行います。

リハーサルの実施

上述のリハーサルシナリオに沿って、訓練を行います。

ここで重要なのは「シナリオ通りに正しく行う」ことだけではなく、むしろ「お客様、スタッフ双方の視点に立ち、問題を抽出すること」です。実際にリハーサルを行うことで、初めてルールの不備や曖昧さに気づくこともあります。

ここで抽出された問題を受けて、ルールを見直したり、什器や備品の配置を変更したり、曖昧さを取り除き、万全の体制でオープンに臨みます。

お問い合わせ・ご相談はこちら

当社のコンサルティング・サービス内容について、ご不明な点はございましたか?
経営やビジネスに関するお悩みがございましたら、以下のお問い合わせ方法からお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問合わせ
富士通総研お客様総合窓口
03-5401-8391

ご利用時間:8時40分から17時30分まで
(月曜日から金曜日、祝日を除く)
(注)電話番号はよくお確かめのうえ、おかけください。

オンラインでのお問い合わせはこちら

お問い合わせへの回答例
お客様からのお問い合わせとコンサルタントからの回答例です。ご相談をされる際は、是非ご覧ください。