Skip to main content

English

Japan

ICT-BCP(IT-BCP)コンサルティング

現状のICT環境の脆弱性を可視化してDR(災害復旧)対策の最適化をご支援
現状の組織体制を踏まえた被災時の行動手順の明確化をご支援
                           DR:Disaster Recovery 災害復旧

こんなお悩み解決します(貴社の課題)

  • システム被災時の業務影響を整理したい
  • どのシステムに対して、どこまでのDR対策が必要なのかを明確化したい
  • 現在のDR対策に対する客観的な評価が欲しい
  • 早期のシステム復旧に向けて、被災時に備えた役割分担の明確化~行動計画を作成したい

サービス概要

概要

(戦略策定)

システムサービス利用者の視点からICTリソースの復旧要件を整理し、現状の見込み復旧能力との乖離を明確化することで、既存ICT環境における脆弱性(DR対策の必要な点)を明確化します。その上で、緊急に実施すべき対策の明確化及び、中長期的に必要なDR対策の実施計画を検討します。

(行動計画策定)

被災時のDR戦略に基づき、必要な対応体制を明確化し、役割に応じた行動計画を明確化します。

主な成果物

・ICTリソースの復旧優先度一覧
・現状の脆弱性一覧
・緊急性の高い対策一覧
・中長期のDR対策計画
・被災時行動計画(体制・役割分担・全体フロー・行動チェックリスト等)

特長

・管理・運用上の容易さを重視した、DR対策要件の復旧要件(目標復旧時間(RTO)のグルーピング等)に基づくパターン化・指標化
・これまでの豊富な対応実績に基づくベンチマーキング
・全体の対応状況を俯瞰した全体フローと担当者が参照するチェックリストにより、目的(対象者)に応じた行動計画を作成

期待効果

  • 業務継続観点でのIT構成管理の実現
  • DR対策の費用対効果を踏まえた最適化
  • ICT部門に閉じない事業継続観点での行動計画の明確化

事例・実績紹介

金融業A社

ICT-BCP策定前の課題
内規によりICTに関するコンティンジェンシープランの策定が義務づけられていたが、要員不足と策定のノウハウ不足のため、ICTのコンティンジェンシープランが策定されておらず、被災時の対応についての認識が社内で共有されていなかった。

支援概要
会社としてのコンティンジェンシープランと業務のBCPに基づき、被災拠点の復旧ではRTOを満たすことが困難であることから、DRサイトへの切替を前提とした対応体制と役割分担を検討し、行動手順を明確化。

効果
未策定だったICTのコンティンジェンシープランが策定でき、被災時の行動について、関係者間で被災時対応の具体的なイメージが共有できた。

今後の取組
策定した行動計画に基づく訓練を定期的に実施し、継続した改善を行う。

ITサービス業B社

ICT-BCP策定前の課題
ITサービスを提供しており、DR対策の充実を顧客にアピールしていたが、DR対策の費用と効果の検証が行われておらず、企業努力で実施するDR対策と顧客に費用負担を要請すべきDR対策の境界が曖昧になり、追加のDR対策実施が困難となっていた。

支援概要
現状のサービスメニュー(SLA)を鑑み、必要とされるDR対策レベルを明確化し、企業努力で実施すべきDR対策の範囲と顧客に費用負担を要請するDR対策の境界を明確化。 既存の環境で企業努力として実施すべきレベルを満たしていない点を棚卸し、今後のDR対策(投資)計画を検討。

効果
企業努力で実施すべきDR対策として、最重要設備についてはDRサイトが必要であることが明確になり、社内的に必要性が検討されていたDRサイト構築が正式に決定した。 また、サービスのSLAに基づき必要なDR対策が社内規程として明示されたため、新規サービスの立ち上げ時にDR対策の実施状況が監査項目として追加され、より品質の高いサービスが提供できるようになった。

今後の取組
行動計画を策定し、訓練を通して想定した通りの対応が行えるように社内の対応能力向上に努める。


ICT-BCP(IT-BCP)コンサルティングパンフレット (412 KB)

お問い合わせ

株式会社富士通総研  第二コンサルティング本部  ビジネスレジリエンス事業部
事業継続コンサルティングお問い合わせフォーム