GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

事業継続セミナー(12月17日・仙台開催)

開催要領

開催日 2013年12月17日(火曜日) 10時~12時  (受付開始:9時30分~)
会場 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-3-22 仙台ビルディング
富士通株式会社東北支社  8階 大会議室A,B [地図]
対象者 経営者、リスク管理部門、総務部門、購買部門、情報システム部門等のBCP担当の方
受講料 無料
定員 100名(先着)    (注)最少催行人数:20名
お申込み 初めて当事業部のセミナー・訓練に参加されるお客様(ID/PW なし) お申込受付を終了しました。
当事業部のセミナー・訓練に参加されたことがあるお客様(ID/PW あり)
ID/PWを忘れた方もこちらからお入りください。
相談会について 東日本大震災を踏まえて自社のBCPをいかに改善するのか、
これまでの対応行動をどう記録しておくべきか、などの事業継続に関するご質問やお悩みの相談をご希望される方を対象に個別相談会を無料で実施いたします。
ご希望の方は、当セミナーのお申込みフォームにご相談内容をご記入の上、お申し込み下さい。実施日については、セミナー終了後または後日調整させていただきます。
主催 株式会社富士通総研 BCM事業部

注)同業他社様からのお申込みはお断りさせて頂いておりますのでご了承下さい。


プログラム

<講演>  10時-11時50分 (110分)
タイトル 「現場・現実の事業継続マネジメント
 ~危機の時代を乗り越える組織能力強化~」
講師 株式会社富士通総研 執行役員 BCM事業部長 伊藤 毅
概要 危機管理を取り巻く最新の動向、東日本大震災によるビジネス被害と各企業の対応状況を踏まえ、今後の事業継続の目指すべき姿や方向性、危機管理のあり方について、ご説明いたします。
また、平時の効率性を考慮した事業継続のあり方、組織への定着化といった、企業が抱える課題への対応方法についても、事例を交えながらご紹介いたします。
<質疑応答>  11時50分-11時55分  (5分)
<アンケート記入> 11時55分~12時 (5分)

注)上記のセミナー内容は、変更することがありますので、予めご了承ください。

同日開催: 大規模地震対応模擬訓練(12月17日)
                  13時30分~17時(受付開始:13時~)

東日本大震災において、実際に発生した事象にもとづくシナリオにより、地震発生からビジネス再開への対応を体感することで、現状の災害発生時の体制や、対応方法の課題について気付きを共有し、今後の組織における防災・事業継続活動の促進に繋げることができます。
今後、自社での模擬訓練をお考えの危機管理担当部門の方向けに、震災発生時の初動から一時間をリアルに体験いただける内容となっています。

同日開催 によりセミナーと訓練を併せて体験できます。この機会にどうぞお申込み下さい。


本セミナーのお問い合わせ・キャンセルについて

セミナーのお問い合わせにつきましては、下記お問い合わせフォームにてご連絡をお願いします。
株式会社富士通総研BCM事業部
セミナー・模擬訓練へのお問い合わせフォーム