GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通クオリティ・ラボ

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品・サービス >
  3. 生活環境悪臭調査

生活環境悪臭調査

「エコチェッカ II」で、悪臭(腐敗臭)成分の硫化水素の多少を調べられます。

こんな経験、お悩みはありませんか?

  • 河川の悪臭対策を打ちたいが、どこで対策を実施したらよいかわからない。
  • ごみ置き場の悪臭状況を知りたいが、ガス分析では風向きの影響が大きく比較が難しい。
  • 周辺住民からの苦情に対応したいが、現場に行ったら「今日は臭わないですね・・」
  • 悪臭対策を実施したので、効果を確認したい。

「エコチェッカ II」で腐敗臭の多少を調べることができます。

エコチェッカ IIは5種類の金属試験片をセットした腐食性ガス調査キットです。
金属の腐食度合いから、硫化水素、亜硫酸ガス、塩素系ガスの大小を比較できます。
この特長を応用して、腐敗臭成分である硫化水素のモニタリングにエコチェッカをご利用頂けます。

「エコチェッカ II」が選ばれる3つの理由

  • 硫化水素の発生を確実に捉えます
    硫化水素の発生源である生物の腐敗は、天候によって大きく変動します。エコチェッカは硫化水素の発生状態を腐食として蓄積するため、短期間の腐敗臭の発生も逃さず捉えます。
  • 使い方が簡単です
    本キットの使い方は、直接雨にぬれないように吊るしておくだけ。電源や装置は不要です。
  • 多点同時に調査できます
    エコチェッカ IIはガス分析に比べて安価であることから、多点を同時に長期間調査することが可能です。

調査計画や対策立案のコンサルティングも致します。お問い合わせ・お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。

044-280-9930


環境調査事例

大田区様では、区域内を流れる河川から発生する腐敗臭の調査にエコチェッカをご利用頂きました。
河川流域にエコチェッカを多数同時に設置し、金属腐食の度合いをもとに硫化水素の発生地点を特定しました。
同河川流域では、腐敗臭対策実施後もエコチェッカを用いて継続的に発生状況をモニタリングしています。

詳しくは大田区様のホームページに公開されている「呑川汚濁実態調査」をご確認ください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/kankyou/shiryo/kankyouchousa_houkokusho/kankyouchousa_houkokusyo_h23.html


お問い合わせ

富士通クオリティ・ラボ株式会社  

受付時間 : 平日9時~17時(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話 : 044-280-9930

icon-mail E-mail : fql-ecochecker@cs.jp.fujitsu.com

中国でのお問い合わせ先

富士通総合質量技術(蘇州)有限公司

http://www.fujitsu.com/cn/jp/about/local/subsidiaries/fqls/contact/